ロッタリーで当たった!(私ではない。)

トロントからお母様と17歳の息子さんが一泊で見えて、
お土産といって日本のものを持参された。

ハリバートンでは、買えないだろうから、とトロントの東洋系の店で、
日本語らしき文字を探して選んで買って来られたとの事だった。
キャンデイあり、
f0293042_9185313.jpg

お茶あり、
f0293042_9182875.jpg

味噌汁あり。。。(笑)
f0293042_918354.jpg


そして驚くインフォメーション!!!を下さった。
何とプリンセスマーガレット病院で出しているロッタリーで、
うちから15分程ドライブしたところに建てた、真新しい2ベッドルームのコテージが当たったそうだ。
これには車も付いていて、4等なんですって。
家のチェックと掃除の為に泊まりがけで見えたのです。
朝食後、早速見せてもらいに行って来ました。!

f0293042_921117.jpg

湖を見下ろす位置にあり、周りはコテージが建ち並んでいる。
f0293042_9214140.jpg


f0293042_9222455.jpg


f0293042_923172.jpg


f0293042_9233592.jpg

当選した、と連絡が来たのが2週間程前だとか。
未だ興奮さめやらぬ思いで、色々とその思いを語られている。
聞いてる私達も エキサイト!
息子さんはボートを買う話で盛り上がる。
f0293042_9242425.jpg

家の中も見せてもらった。
f0293042_925886.jpg

大きな窓とグレーの配色がモダンな造りになっている
f0293042_926252.jpg


f0293042_925391.jpg

キッチンにはステンレスの冷蔵庫やオーブン、マイクロウエイブ、食器洗い機等、
必要な物が全部揃っている。
f0293042_10183490.jpg

地下のスペースには、洗濯機、乾燥機も一緒にセットで。
f0293042_10195836.jpg


勿論、ウオーターフロント、そして半エーカーの土地付です。
あとは家具を揃えるのみ、
う~ん、ラッキーな方達!!!
[PR]
# by mamako48722 | 2014-06-16 10:33 | Haliberton/B&B編 | Trackback | Comments(2)

初めての一人留守番

夫のGaryが急用でトロントへ行くことになり、
今日はHaliburton で一人留守番する事になった。

用が有るときはいつも私が行くのだが、今回は例外、
ゲストの方逹が出かけた後、スーツにネクタイでそそくさと出て行った。

ゲストの方に知らない事を聞かれたらどうしよう、と少々不安でもあるが、
いつまでも夫に頼っているわけにはいかない。

一通り朝食の片付けが終わった後、大好きなクロスグリのハーブテイーと、
クッキングブックを持ち出して、至福のひとときを気持ちの良いデッキで過ごす。
f0293042_122696.jpg
f0293042_114975.jpg


小鳥のさえずり、抜けるような青い青い空、時々通る近所の人との軽い挨拶、
プラントへ水やりをし、のんびりと本をめくり、新しい朝食のメニューを考える。

毎年見えるリピーターの方にいつも同じでは申し訳ない、と
一年に一つメニューを増やすことにしている。

3年前に植えたツツジが今年初めて花を咲かせて、とてもいい匂い、、。
f0293042_124552.jpg


今年購入したGoldfisch,  濃い赤い色が好き。日本名は何と言うのだろうか。
f0293042_1452182.jpg

f0293042_1274522.jpg

Chamed Wine 、可憐な白い花がワイン色の間から 顔を覗かせている。
f0293042_13111100.jpg


日射しが強くなってきた。温度計が27度を指している。
[PR]
# by mamako48722 | 2014-06-08 01:45 | Haliberton/B&B編 | Trackback | Comments(2)

DーDAY

ノルマンデイー上陸作戦から70年、1944年6月6日、今日はその記念日である。
激しい戦闘があったフランスのスワードビーチで
各国の代表を招いてセレモニーがとりおこなわれた。
勇敢に戦った連合軍の兵士達をたたえ、平和の大切さ、自由の大切さを訴えた。
f0293042_23283252.jpg

f0293042_23293121.jpg

f0293042_23313384.jpg


当時、20代の若い兵士だった彼等は 今はもう90歳を越える。
当時を知る数少ない戦いの体験者。

f0293042_0171277.jpg


引用:
[D-デイ(D-Day)とは、戦略上重要な攻撃もしくは作戦開始日時を表す際にしばしば用いられたアメリカの軍事用語。語頭のDの由来については諸説あるが、一例として漠然とした日付を表すDayの頭文字という解釈がある。

歴史上最も有名なD-デイは1944年6月6日であり、これは第二次世界大戦中にナチス・ドイツ占領下のヨーロッパに連合国軍が侵攻を開始した「オペレーション・オーバーロード」の決行日である。

ノルマンディー上陸作戦のD-デイは当初1944年6月5日に設定されたが、
悪天候により連合軍最高司令官ドワイト・D・アイゼンハワー元帥は翌6月6日に作戦を延期した。
それ以来、1944年6月6日は一般的に「D-デイ」(フランス語では Jour-J もしくは Le Chocと呼ばれる)と呼称されるようになった。
これが一般に広く知れ渡ったため、その後の軍事作戦立案担当者は作戦開始の日付を「D-デイ」と呼称するのを避けるようになった。

例えば、ダグラス・マッカーサー元帥指揮によるレイテ島への侵攻作戦は「A-デイ」と呼称され、
沖縄侵攻作戦は「L デイ」と呼ばれた。
マッカーサーは日本本土侵攻作戦の開始日を「X-デイ」(九州、1945年11月に予定)
「Y-デイ」(関東、1946年3月に予定)と提案していた。]

日をを同じくしてフランスのジュノー ビーチでも、
カナダのハーパー首相、イギリスのチャールズ皇太子が出席して
セレモニーがとりおこなわれた。


f0293042_2525851.jpg
f0293042_2521731.jpg


f0293042_2543113.jpg


我々の世代は戦争を知らない。
しかし、沢山の犠牲のうえに今の平和が有ることを忘れてはならない。
その事を再認識させられた日だった。
そういう意味でもこのようなセレモニーはとても大切だと思う。
[PR]
# by mamako48722 | 2014-06-06 23:39 | その他 | Trackback | Comments(2)

コールトリリアム

女声コーラス団「コールトリリアム」
6月8日(日)20周年記念コンサート

トロント地域の女性コーラスグループ「コールトリリアム」は
指揮者の柳田孝子さんを中心にこれまでコンサートなどの活動を続けてきたが、
今年20周年を迎え、その記念コンサート「Chor Trillium 20th Anniversary Concert」が
6月8(日)午後2時からトロント市内グレングールドスタジオで開催される。

f0293042_2133869.jpg


知人逹が出演し、尚且つ、孝子さんとは、27~8年の付き合いで、
これまでトロントに於ける彼女に関連したコンサートは欠かした事が無かったけど、
今回はHaliburtonに釘付け、BBの仕事で行けそうにない。

彼女はオペラ、ソプラノ歌手でもある。

これまで度々日本でも公演してこられたが、
今では指導の方に力を注いで居られる。

お互い忙がしく、最近はゆっくり会う機会もなくなった。

コンサートへ行けないのは、とても残念。。。
[PR]
# by mamako48722 | 2014-06-05 02:40 | Trackback | Comments(2)

夏仕様

Haliburtonにもようやく春が訪れたと思いきや、
今日は30度を超す蒸し暑さで一気に夏へ!!

ハリバートンで30度ですよ!

周りの木々も若葉色の葉を思いっきり繁らせている。
f0293042_0281692.jpg
f0293042_02732100.jpg

ホットタブを準備し、ガジボ、ガーデン用のテーブルや椅子等をひっぱりだして
我が家も夏仕様へ模様替え。
f0293042_0523150.jpg

f0293042_0492338.jpg

この頃、よく見かけるハミングバード。
彼等の好物の花の密もどき、甘い水を用意した。
f0293042_051131.jpg

これから3ヶ月程、外のクリスタルな空気を思いっきり楽しめます。
[PR]
# by mamako48722 | 2014-06-03 10:43 | Trackback | Comments(2)