<   2018年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

プールサイドでの一日とサンセット

試験休みの孫達が遊びに来ました。
目的はここのリゾートの施設、プールで遊ぶ為です。(笑)

ビーチにはいつも行ってるので、プールが良いんだと。。
上の孫もテイーンエイジの仲間入りしたとは言え、まだまだ幼い。
無邪気に遊んでいます。

3年前にもここで遊んだ事、しっかりと覚えていました。

f0293042_22433993.jpg
f0293042_22422608.jpg



グランパとバレーボールをしたり・・
グランパは直ぐにギブアップ(笑)ですが。
f0293042_23155128.jpg


f0293042_22461642.jpg
f0293042_22502263.jpg
f0293042_22520080.jpg
f0293042_23190166.jpg


孫達が引き揚げたあと、サンセットを見に西の方角へドライブ。
この道路脇には、サンセットを見る人の為に小さい店舗があり、
ドリンクをサーブしています。
f0293042_12445785.jpg
右側には(東方面) シートを敷いてワインを飲みながら、
サンセットのシーンを待っている人達もいます。
f0293042_12400604.jpg
ビーチに靴?と夫が嫌がるのを、まぁ良いじゃない、と 説き伏せて。
f0293042_10093691.jpg

今日はちょっと雲が邪魔な夕焼けでした。昨日の夕焼けは凄かったのになぁ。
f0293042_10080458.jpg

素足で歩いてみました。心地良い砂浜です。
f0293042_12380525.jpg

f0293042_12354607.jpg

Sandyportでの日も半分を残すばかりとなりました。

明日はダウンタウンへ行ってみようかしら。

お土産のラムケーキも買わなくちゃいけないし・・

留守宅のプラントへの水やりをやってくれてる方にも、
義母の様子を週に一度見に行って下さってる方にも、と、
お世話になってるトロントの友人達の顔を思い浮かべています。



[PR]
by mamako48722 | 2018-02-28 10:24 | バハマ編2018 | Trackback | Comments(12)

え〜と、ほら、なんだっけ。




最近気が付きました。
娘も私も、しょっちゅう 口に出しています。

 「え〜と、ほら、なんだっけ」・・
f0293042_23282142.jpg
(画像はお借りしています。)


娘は日本語の単語がすぐに出て来ない。

私は日本語は勿論そうなのだが、英語の単語も最近怪しくなって来ている。

Watercolourは言えるが、水彩画と言う言葉が直ぐに出て来ない。
Drawingは分かるが日本語では?としばし考える。デッサン・・

書道も墨絵(はごく最近)もお稽古しているのに、
どうしても水墨画と言う言葉がスイっと出て来ない。

あるブロガーさんへコメントし始めた時、どうしてもこの言葉が出て来なかった。苦笑

こんな事がしょっちゅう。で、
「え〜と、ほら、なんだっけ」となるのです。

納豆作りの時、大豆と言う言葉が出て来なくて、二人で、
「え〜と、ほら、なんだっけ。」

とっさに出て来た言葉が、だい〜ず!

もう大笑い。こんなんでは困ります。笑っては済まされない!


私よりかなり年上の方がスラスラと人の名前を呼ばれる、
最近はそんな方にお目にかかると、「はぁっ〜」と溜息、尊敬してしまう。

一体どんな風に脳が働いているのか、と自分と比較して考え込んでしまいます。


なので、ブログ上でおかしな言いまわしをしている時には、どうぞご勘弁を・・(笑)


[PR]
by mamako48722 | 2018-02-27 11:51 | バハマ編2018 | Trackback | Comments(14)

Sandyportでの長い1日でした。

夫の眼科でのチェックが終わった日の夜
長椅子で寝転んで見れると言う、豪華な、まるでホームシアターもどきの映画館へ行って来ました。
「The island house cinema 」です。

島の西の方角にある
大きなゴージャスなホテルに隣接しているシアターです。

      大きい空間のロビーを通り抜けて。
f0293042_01284865.jpg

音楽も流れています。生で。。

f0293042_01273876.jpg



観たかった「Star Wars」が上映中でした。

ここは48席用意されていて、観客はワイン等を飲みながら、足を上げ、脚を伸ばし、
寝そべりながら、ゆったりと観てきました。

f0293042_01301260.jpg
f0293042_01311291.jpg

帰りはプールサイドを散策。

超・豪華なリゾートホテルで、ブテイック・ホテルと呼ばれているとの事。

一晩が$700-$950,ネットで調べたら残り3部屋と出てきました。
凄いですね〜。確かにバハマらしからぬ、南国の超・豪華なリゾートの雰囲気です。

ウエイターがうやうやしくサーブしてくれます。


サービスする人、される人。。そんな文句がフッと浮かんできました。

私は矢張り貧乏性。(笑)

f0293042_01320685.jpg
f0293042_21394042.jpg


ひんやりとした夜で、持参した薄い長袖でも寒い。


ツアーエリアから離れたこの豪華なブテイック・ホテルでくつろぐ人達、
自家用飛行機でこの国を訪れる人達、
その方達のバックグランドを想像してしまいます。どんなに裕福なんだろうと。。

そして彼らにサーブする人達、同じ様にまた彼らのバックグランドを想像してしまいます。

余りにも貧富の差が大きいこの国です。

外国から来るセレブ達、昔から支配する側の英国人達、
過去に先祖が奴隷として連れてこられた人達。
なんの保証も無く安い賃金で働く人達。

お金が無いととても惨めな日々を送るしか無いという、この国です。

世界はほんの一握りの裕福な人の為に動いている様な錯覚を覚えてしまいました。

カナダや日本で保証されている様な最低の人権が此処には有りません。

彼らが動物を虐待するのも何かその辺から来ているような気がします。
心に余裕が無いと気持ちもすさんで来ます。夢もありません。
動物に愛情を注ぐ事も出来無いのでしょう。

虐待する全ての人がそうだとは言えませんが。。

Ronnがこの国の青少年達に夢を与えたいと願う気持ちが、
ほんのちょっぴり感じられたような気がします。
ほんの少しばかりです。

外から来た者が簡単に言えることではありませんもの。

若い時には見えなかった事、考えなかったいろんな事が、
最近は、少しずつ見えてくるように思います。

これもまた、老いてきたと言う事でしょうか・・(笑)











[PR]
by mamako48722 | 2018-02-26 10:12 | バハマ編2018 | Trackback | Comments(8)

Starbucksでちょっとまったりしながら思う事。

娘宅ではジーンズにTシャツスタイル、
犬達に舐め回され、(笑) 汗を流してクッキング、と、10日程娘孝行して来ました。

今ブレイクタイム、娘には悪いけど、AirBBでひと息つきました。

今朝は夫の眼科のアポについて来て、starbucksで待っています。

その間、ブロガーさんへお邪魔したり、インターネットのスピードが落ちてくると、持参した本を読んだり、とまったりと時間を過ごしています。
f0293042_06463717.jpg
それにしても待たされること2時間半、10時半のアポなのに1時になっても戻って来ません。。相当混み合っているようです。



娘の夫、Ronnはカナダで学校を終えたものの、母親の希望で家族を連れて、バハマへ戻って来ました。

Nassauで祖父の代からの膨大な土地を所有しているものの、収入は土地を売却するだけ。

そして、彼の夢はバハマで恵まれない青少年に夢を与えたいと言うもの。

彼はボクシングジムを開設しました。でも収入は殆ど入って来ません。
月謝も払えない子供たちですから。

そんな彼との結婚生活です。

土地を切り売る生活から脱皮するため、Ronnはボクシングジムの傍ら、パーソナルトレーナーやら、車のメカニック関係の仕事やら、と励み、収入を得、
従兄弟のビジネスも手伝っています。

娘は、一時期は仕事に就いたものの、今は子育て中心、その傍ら、ボクシングジムの運営、スポンサーを集めたりの諸雑用、フィットネスクラスの助手、
若いボクサー達の面倒を見たり、

子供たちをが所属している陸上競技クラブのボランティア、
ママ友達との連絡や子供達を預かったり、
そして前にも投稿した様に、色んなボランティアに、分刻みで動いています。

2匹のワンコの世話も、です。

子供達を学校へ迎えに行ったら、即、ジムへ一緒に行き、フィットネスの助手をしながら、其処で宿題もさせ、戻るのは夜8時。

そして時々は子犬たちの里親も。

よくまあ、こんなにと・・・と、さすがの私も呆れ、せめてご飯作りだけでも、
と、私もバハマへ来た時には発奮致します。

Ronnがやっている ボクシングジムのFB↓

彼らがバハマへ移って丸8年が経ちました。 
夫の理想と、そして生活していく為の現実との狭間で試行錯誤が続いています。

孫娘達は二人共カナダ生まれ、孫・長女はカナダへ帰って、カナダの大学へ行きたい、と言っています。彼女は自称カナデイアン、バハマは好きではないのだそう。


娘は、孫・長女だけカナダへ行かせる訳にはいかない、と言っています。
あと3年程したら、次の大きな人生の岐路に立たされそうな娘です。

どんな決断をするのでしょうか・・・

じっと見守るしかない私達です。



[PR]
by mamako48722 | 2018-02-25 03:37 | バハマ編2018 | Trackback | Comments(12)

Maye Muskという女性

フット目にしたTVにMaye Muskが出ていました。
Rachael・Rayの番組での、今日のゲスト出演です。

何という凄いオーラ!
美しいですね〜。「カバーガール」のモデルに抜擢された69歳の現役モデルです。
f0293042_10463915.jpg
f0293042_10471423.jpg
f0293042_11014295.jpg
メイ・マスクという女性。

Maye Musk is a Canadian-South African model and dietitian.

69歳のファッションモデルで実業家、そして栄養士であるメイ・マスクを
コスメブランド「カバーガール」が新広告塔に抜擢!

彼女はPaypal、テスラモーターズ,SpaceXの創業者イーロン・マスクの母親で、
イーロンを含む3人の子供たちを女手一つで育てたシングルマザーなのです。

子供たちが現在、それぞれのキャリアで成功しているのは、
子育ても仕事も精力的にこなす、メイの影響が大きいのかもしれません。



カバーガールのウコンワ・オジョ上級副社長は、
メイ・マスクを起用した理由を、こう説明します。

「メイ・マスクは時を超えた美しさが有りますが、それだけでは有りません。
自分の生き方について明確なビジョンを持ち、チャンスを掴んできた女性です。
また、モデル業界の"美のスタンダード" とは異なる美しさを持つモデル達の先駆者となり、彼らの為の道を作ってきました。」

「メイ・マスクはカバーガールの理念にピッタリのモデルです。
自分のアイデンテイテイを持ち、自分らしさをおそれずに世界に発信する女性。

多様性と違いを受け入れることが持つパワーとその重要性を、
美の世界に改めて伝えてくれます。」

ーHUFFPOST より



「69歳、私はまだまだ始まったばかり!」と宣言するメイ・マスク。

年齢を肯定的に捉えて、前に進み続けるエイジポジテイブな姿勢が、
多くの人から敬意と称賛を集めています。

同じ69歳、ただ、すごいな〜と。。。溜息が。


[PR]
by mamako48722 | 2018-02-24 01:19 | バハマ編2018 | Trackback | Comments(2)

今日から一週間、AirB&Bで過ごします。


Sandyport Beach Resortにあるマンション、
此処には3年前一度お世話になりました。
f0293042_14100956.jpg

この建物の一室です。
f0293042_14121580.jpg

Welcome back のカードとワインが待っててくれました!
f0293042_05531085.jpg




娘たちとお互いに一週間のブレイクタイムです。
矢張り親子でも世帯が違って来ると気を使います。

今日の夕食にと、早めに作った食事を持たせてくれました。
ジャークチキンと豆ご飯、野菜の炒めものです。

明日から1食は外食になりますね。

昨夜、またChellaから連絡が有り、明日、午前中に24匹の犬を空輸するするので、ヘルプが欲しいと言ってきました。今日の事です。私もまた同行して来ました。

今日の子犬達は6-7ヶ月位かしら。昨日より一寸大きめです。
一人のパイロットがフロリダ迄飛ぶので、犬達を運んでくれるとの事。この人は料金をチャージしていました。

いやぁ、もう大変な作業です。
もう一人白人女性がトラックを運転して駆けつけました。
f0293042_13410972.jpg

怖がって逃げようとする犬達、すごい力です。こちらも必死です。
やっとの思いで積み込み終了。車3台でエアーポート迄運びそこからは飛行機です。
f0293042_13422997.jpg

ペルーからの助っ人、Chellaの弟。来月は帰国するんだとか。
ヴァケーションで来たんだけど、、と笑ってました。
f0293042_13433811.jpg

彼も相当の犬好きですね。ペルーの自宅でも4匹も飼っているんだとか。
写真やビデオも見せてくれました。

f0293042_13454223.jpg
生まれて7週間の子犬達、1匹がフェンスを這い上っています。
虐待されそうな状態だったのを、隣人の通報で危うく助かった子犬達。
f0293042_13470185.jpg
f0293042_14023114.jpg

這い上がって来たこの子は、とても可愛くて、連れて帰りたいほど。
f0293042_13480051.jpg
f0293042_13493306.jpg
飛行機に乗せられて、空の旅です。
f0293042_14070494.jpg

フロリダ迄は30分もかかりません。

f0293042_14081056.jpg

有難う、有難う、とChellaとのビッグハグ。
Chellaは大きな肩の荷をちょこっと降ろせたようです。
f0293042_05311220.jpg



今回はフロリダのfoster・family宅からも犬達が連れて来られ、一箇所に集められてから、一緒にニューヨーク迄運ばれて行くのだとか。

向こうではアニマル・シェルターの係員が迎えに来るとかで、全てが手際よく運ばれる事になっています。

ニューヨークに着いたワンコ達は、きっと家族の一員として色んな家庭に引き取られていくことでしょう。

彼らのこれからの人生(犬性?)が 幸せであります様に、
と私までもが祈っておりました。


虐待の話はよく耳にします。でもこうやって目の当たりにし、虐待されていた内容の話を聞くと、胸が潰れる思いがします。

私も少しばかりだけど、と、餌代の足しに100ドル置いてきました。

声無き声を聞いて、無償で自分の人生を費やしているChellaを見ると、
何かせずにはいられません。

今回、こんな体験をさせてくれた娘にも感謝しています。

この先、どんな事が私にも出来るのでしょうか、思うだけではこれ迄と同じ、何か一歩を踏み出さねば。。




[PR]
by mamako48722 | 2018-02-23 06:15 | バハマ編2018 | Trackback | Comments(6)

動物愛護家・女性の人生

娘に付いて、動物、特に犬達を保護している方のところへ行って来ました。

彼女はペルー系のバハマ人。名前はChella(チェラ)、 ボランティア活動で犬達の保護、
そしてAdapt先やFoster careをしてくれる人を探したり、と、その世話をしています。

娘は犬の餌を寄付したり、
今日の様に彼女からの要望があると出掛けていき、手助けをしています。
娘の従姉妹もこの話を聞いて時折餌代を送ってくるんだとか。。

今日は12匹の仔犬を米国の保護団体へ送るので、飛行場まで運ぶお手伝いです。

飛行機はプライベート機、今日は親切なパイロットが無料で運んでくれるのです。

彼女の人生は、放置された犬や虐待された仔犬達の保護と、彼らのこれからの人生(犬生?)の為に費やされています。時折 実の弟がペルーから出て来て手伝ってくれるんだとか。
 
連れてこられた犬は先ずはシャワー、そして健康状態のチェック、場合によっては獣医クリニックへ、と一日中犬達との生活。

娘に付いて行った先には、彼女の敷地にほぼ100匹の犬が保護されていました。
餌代だけでも月に500ドルはかかるのだとか。

私達が行くと一斉にあっちからこっちから、吠えられます。
f0293042_07545924.jpg

子犬達は物珍しそうにこちらを見ています。
f0293042_07555859.jpg

うふっ、ちょっと可愛い。
f0293042_07594204.jpg



彼女は、政府からの援助もなく個人でやっているのです。

昔から何代も続いている裕福な英国系バハマ人や、米国から来た裕福な人達等、
彼らの寄付で動物病院の費用を賄ったり、善意の人達の援助で
何とかこれまでやってこれたんだとか。

最近、身体を壊している彼女は、いつ迄続けられるかわからない、と言っています。
今居る犬達が全部アダプトされるまでは〜と言ってるけど、
知人が次から次へと犬達を連れてくるんだそうです。

娘は、今自分が出来る範囲での手伝いしか出来ないけど、とか言いながら、
彼女がやむを得ない用事で出かける時には、子犬を何匹も預かったりしたんだとか。。


      今回空輸されて行く子犬達。12匹いました。
     それぞれ首にリボンが付けてあり名前が書いてあります。
f0293042_07564977.jpg
綺麗なグレー色の子犬。不安そうな顔をしています。
f0293042_08023163.jpg

タオルケットなどを敷いた、それぞれのケースに3匹ずつ入れられて。


f0293042_07575264.jpg
f0293042_08193439.jpg
f0293042_07585124.jpg
f0293042_08203603.jpg

プライベートの飛行場へ。
行き先はNY(ニューヨーク)、PA (Pennsylvania)が主らしい。

f0293042_08003644.jpg

この中のどれかに乗せられるのでしょうね。
f0293042_08013963.jpg

スタッフの一人が運んでくれました。

f0293042_08033330.jpg
f0293042_08041233.jpg

ここで待つようです。

f0293042_08045297.jpg
彼女の車にはこんなステッカーが!
f0293042_09534580.jpg
自他共に認める犬好き!
f0293042_08055323.jpg

観光でバハマへ来ていた頃は、決して目にすることの無い彼らの日々の営みです。

因みにこちらは↓ChellaのFB.
良かったらご覧になって下さいね。




日本やカナダの、安全でモノに恵まれた環境で育った娘は、
今ではすっかりこの地に溶けこみ逞しくなりました。

愛する娘達をしっかりと守り、動物を愛し、
そして自分を見失う事無く生きています。
強いな〜と思います。




[PR]
by mamako48722 | 2018-02-22 10:14 | バハマ編2018 | Trackback | Comments(2)

ご近所さんちの子犬がお泊まりに。

今日は月曜日、孫達は学校へ戻り、午前中は静かに過ごします。

少し前からちょっと離れたご近所さんちの子犬が、遊びに来てお泊りしていきます。(笑)

まるで我が家みたいに来てはドアをガリガリ、開けてくれと鳴声をあげるのです。

初めの頃は娘が飼い主宅へ連れて帰ったり、飼い主さんに連絡して連れ戻しに来てもらったりしていたのですが、2日もたたずにこちらへ戻ってくるのです。

娘が飼っている2匹の犬達と一緒に遊び、えさを貰うときは同様に、
当然という感じで遠慮もせず、(笑) 鳴いて催促します。
f0293042_10150221.jpg


娘もすっかり情が移ったようです。。
でもこれ以上増やすのは大変、無理です。

昨日は夕方、飼い主さん母娘で「新しい首輪もLeashも買ったので、、」と
迎えに来て連れて帰りました。

娘は、「多分繋がれるのね。」とちょっぴり寂しそう。

「又きっと来るよ、」と慰めてはみたものの、これでおわりかな、、と
正直思っても居たのです。

そして、今日の午後、やっぱり来ましたよ!

ドアをガリガリ、「開けてくれぇ!!。」(笑)


どうやらこの子犬は娘を選んだようです。!

因みに女の子。ピンク色の首輪も付けていました。

f0293042_10144209.jpg

        今、夜8時です。

この時間まで飼い主からお迎えが無いところを見ると、今夜もやはりお泊まりですね。

この先どうなるのでしょうか。。
娘は先方にこれ以上は飼えないから、とはっきり言ってるそうですが。。。


飼い主は連れ戻す、子犬は何度も家出する、娘は情が移り、可愛いけどこれ以上は無理。
複雑な想いです。




[PR]
by mamako48722 | 2018-02-21 07:18 | バハマ編2018 | Trackback | Comments(8)

ビーチ探索 その2・Johnston beach

7~8年前に、一度来たことがある、Clifton Heritage National Park.
その時は工事中で中には入れず、その周りだけを散策。
今回はpark内に在るビーチ迄行ってきました。

孫たちは明日の試験に向けて勉強せねばならず、私達だけです。

夫は娘婿から古い車Vitzを借りて.
久し振りにマニュアルカーでドライブしました。

夫がギアチェンジする度に私は横でガックンガックン。。。(笑)

やっと着きました。


f0293042_07155399.jpg
f0293042_07290686.jpg



入場料がビジターは一人$10。ビーチまで送迎バスが有り、楽でした。
払い済みの証拠です。
f0293042_07163464.jpg
f0293042_07262634.jpg
場所的には島の南西の方角です。
f0293042_07143382.jpg
f0293042_07150707.jpg

歩き回るのを覚悟して、娘から借りたウオーキングシューズでしたけど
必要ありませでした。

f0293042_07255417.jpg

爽やかで、気持ちの良い日です。

ビーチはプライベートなので、
人も少なく綺麗に手入れされていて、とても気持ちが良い場所でした。
f0293042_07172992.jpg
f0293042_07180766.jpg
海原が何処までも続いています。
f0293042_07272016.jpg
f0293042_11535323.jpg


砂浜はゴミも落ちてなく、砂は柔らかくて気持ちがいい〜〜。
f0293042_07295364.jpg

長椅子も用意されていて、ここでも暫しのんびりと。。
Trailを歩き回るつもりで、Tシャツにジーンズ、帽子の出で立ち、
タオルも持参してなくて、水に浸した足が乾くまで待ちます。

ホントにリラックス。
f0293042_07280277.jpg
帰りも迷子にならない様にgoogle mapで。

google mapは役に立ちますね。
夫は日本でもこれを使って、行きたい場所へスイスイと行ってしまいます。
f0293042_07310228.jpg

途中で寄ったカフェでこんな素敵なヘヤースタイルの女性。
地毛でしょうか。。?

多分地毛とのミックスでしょうね。
f0293042_07315380.jpg

奈良の妹・次女へ送るカードを購入しました。
旅行する時は必ずその場所で、カードを買って帰ります。


このカードは、Atlantic Ocean の方角へ向かって立っている、アフリカン女性像。
f0293042_07402433.jpg

此処には前回来た時に訪れました。
f0293042_11482507.jpg



このSculptures には何故か心惹かれます。

祖国、アフリカを想い、立ち尽くしていたのでしょうか。
彼らはどんな想いで故郷を偲んだのでしょうか。。。


バハマには先住民アラクワ族が定住していたのですが、
1492年10月12日、イタリア人クリストファー・コロンブスが上陸。

コロンブスの開いたスペインからのルートを通って、
多くにヨーロッパ人がやって来ると、島に居たインデイオは
強制労働やヨーロッパ人が持ち込んだ疫病などで死に絶えてしまいました。

16世紀には絶滅してしまったインデイオの代わりに
アフリカから初めて、奴隷として多くの黒人がバハマ諸島に連れてこられたのです。

バハマ諸島の先祖はアフリカ人となるのです。

バハマ国、通称バハマは、西インド諸島のバハマ諸島を領有する国家です。

英語圏に属し、イギリス連邦の加盟国であると同時に
英連邦王国の一国たる立憲君主制国家でもあります。

首都はニュー・プロビデンス島のナッソー。
最近、バハマ文書が注目を浴びていますね。

ちょっと歴史のお勉強(笑)



夕方家へ辿り着くと、娘がもう夕食の準備をしていました。

今夜は私はフリー。





[PR]
by mamako48722 | 2018-02-20 11:55 | バハマ編2018 | Trackback | Comments(0)

ビーチ探索・Montegue beach



夫の目はほぼ平常に戻って来ました。
週末で孫達の学校もお休みとあっては、出かけない手は有りません。
娘の家から東北へビーチ探索へ行ってきました。

ダウンタウンは余りの人混みで、車をパークするのが大変。
そちらとは反対の方角です。

住宅地を通り過ぎて、島の東北方角へ車を走らせました。勿論娘の運転で。
f0293042_21342622.jpg
f0293042_21353762.jpg

f0293042_21320042.jpg
オーシャンビュー、海岸沿いに建てられたカラフルな家々。
ハリケーンが来たら大変だよね、と余計な心配をしながら。。(笑)

f0293042_21325735.jpg


f0293042_20460218.jpg


手入れがよく行き届いてますね。高級住宅街です。

f0293042_20470420.jpg
f0293042_20483057.jpg
f0293042_20491635.jpg



因みに米国のセレブ達の家々は殆どパラダイス島に有ります。
あのマイケル・ジャクソンの住まいもそうでした。

今は誰が住んでるのだろう。。情報不足。

ショーン・コネリーの家は西南の高級住宅街に有り、
私達が行く寿司レストランへよく見えるそうです。
因みにオーナーの奥様は日本人。。

世界のセレブ達のリゾートハウスがバハマには結構あるんですよねぇ。


着いたビーチは、Montague beach、お昼前とあってすんなりパーク出来ました。
f0293042_21223341.jpg


ここは木陰もあって憩いの場所ですね。
暫しのんびりと。。


f0293042_21035217.jpg

おじいちゃんはもっぱら孫・次女と。
f0293042_21045607.jpg
f0293042_21054168.jpg
次女は活発に動き回りますが。。

f0293042_21070292.jpg
f0293042_21063852.jpg
f0293042_21101702.jpg
孫・長女はテイーンエイジ特有の難しい時期。カメラを向けるとサッと身を隠し
拒否の意思表示。
むむむ、、もうそんな歳になったのか。。。




       一人離れて本を読んだり、スケッチしたり。。
f0293042_21083687.jpg
f0293042_21093510.jpg

向こうの建物の側で何かやっています。
f0293042_21121341.jpg

フィッシュ・マーケットでした。
今朝捕れた魚や貝をさばきながら売っています。


↓こちらはスナッパー、鯛。
唐揚げにして食べます。
f0293042_21124410.jpg
↓これはロブスターと魚のあいの子みたいな味のCraw fish。

f0293042_21134850.jpg
↓Conch を水揚げしています。
f0293042_21195340.jpg
↓Conch(巻き貝)
f0293042_21141490.jpg
↓バハマ名産、Conch。(コンク貝)
カリブ海全域に生息しているほら貝に似た巻き貝です。
f0293042_21132356.jpg
コンク貝は美しいピンク色の貝殻を持っており、
メキシコ湾岸からカリブ海全域に生息している貝で、
800年頃から宝石の素材として使われてきました。

Queen conch shell (クイーンコンクシェル)と呼ばれています。

コンク貝の産地としても知られるバハマ諸島の浜辺では、
ピンクサンドビーチと呼ばれる砂浜一面がピンク色に見える美しいビーチがあり、
ピンク色の砂浜は、コンク貝のかけらや珊瑚が混ざり合ってできたもので、
人気の観光スポットともなっているそうです。

f0293042_21144017.jpg
↓それにしても物凄い消費量。

コンク貝サラダはバハマに来たら、是非食べたい一品です。
f0293042_21151203.jpg

彼曰く、↓深海魚の一種。名前を言ってくれたけど覚えられず。
f0293042_21154653.jpg

ギョロリとした目は、なるほど深海魚らしい。
皮をはいで売っていたけど、どうやって食べるのかしら。

彼らは殆どデイープフライで食するので、多分これもそうでしょう。

絶対に刺し身では食べません。(笑)
f0293042_21160875.jpg
↓こんなお土産品も。
f0293042_21163667.jpg

f0293042_21165927.jpg

さあ、孫達はお腹が空いてきました。
何処かでランチをして帰りましょう。

夕食はやはりグランマのクッキングでBBQチキン。
娘がケール炒めやら、キャベツの炒めものを美味しく作ってくれました。



[PR]
by mamako48722 | 2018-02-19 10:56 | バハマ編2018 | Trackback | Comments(12)