カテゴリ:Toronto編( 86 )

ピアソン空港で飛行機の機体の表面の氷を溶かす作業!



昨夜からのフリージングレインで、飛行機の表面に氷が張っているらしい。
その作業に一時間半の遅れとなった。

滑走路も1レーンだけが使用可。
多くの飛行機が、リ・アイシングの作業と離陸の順番待ちで、かなりの遅れです。



薄っすらと凍りついてる飛行場です。その上に雪も。
f0293042_00123544.jpg



凍りついてる機体の表面に何やら吹き掛けています。
リ・アイシング作業。
f0293042_00130472.jpg




幾つかの飛行機がその順番待ち。
f0293042_00134880.jpg




黄色い液を吹き掛けています。溶解液?
f0293042_00144372.jpg
f0293042_00151211.jpg



安全第一! 勿論 何時間遅れようが、誰も文句を言う人はいません。

f0293042_00160969.jpg





私達の飛行機にやっとゴーサインが!

一時間半の遅れで、許可がおりました。
f0293042_00165186.jpg





バハマへ行く前に 病気の再発が有ったりしてあたふたとしたけど、
先ずまずは無事に、極寒のトロントから脱出成功。

来週のトロント気温は、予想では最高気温でもマイナス12℃!。

体感温度はマイナス25-26℃と言う!。
こういう日は外出は避けますが、リタイアした身だから言える事。

この時期、我々は避寒でバハマ、という幸せ感。


今回は長期滞在、約一月半の予定です。
夫はドライバー、私は食事担当。(と言っても夕食だけですが、)

長いです。耐えられるかしら。。。(笑)




今はバハマも冬!
気温は22~25℃、湿気は有るけど 爽やかな季節です。

お迎えのドラムが響き渡る Nassau 空港です。
f0293042_00242338.jpg


娘が仕事の合間を縫って迎えに来てくれ、先ずは自宅へ。

家族の新メンバーのワンコとも挨拶。
全部で3匹のワンコ達に舐められまくって。。。



難しい発音のツリックシーは女の子。まだ少し緊張気味です。
カメラを向けると目をそらす。。。(笑)

スッキリとヘヤーも短め。
f0293042_00385007.jpg
おいおいなれてくれるでしょう。

明日、息子はパリを出て、一日遅れでこちらへ着きます。
10ヶ月ぶりです。







by mamako48722 | 2019-01-19 01:29 | Toronto編 | Comments(2)

最後の買い出しと買い物コーディネート



最後の食糧買い出しへ。

さてさて、こんなに持っていけるかしら。。

餃子に中華ちまき、アンパン等まで買い込んでしまいました。

勿論、いつもの様に納豆と向こうで作る納豆の材料、1.5kg大豆の大袋も!。

全部娘や孫達の好物です。



今日の買い物ルックは、黒のガウンコート、厚めの圧縮ウール地です。
裏地なし、軽く羽織れます。3~4年位前のモノ。



これに、手元に有るのを忘れていた、レオパード柄のポンチョ風。
確か4~5年前に買って一度位しか使っていません。
これ一枚羽織るだけでも違います。

ちょっと今風に見えるかしら・・と、着画です。






肩に羽織る。
f0293042_12592903.jpg




または、
襟元にしっかり巻きつける。
f0293042_13001546.jpg



それとも、セーターの色を見せながら、
上半身をすっぽり包む。
f0293042_13003620.jpg

う〜〜ん、2番目が見た目には良さそうですが。。。



今日は気温も少し上がって、それほど寒く感じません。
それでも昼間でマイナス4度。

せっせとあちこち、買い物に走り回っています。


少し遅れ気味の予約投稿です。








by mamako48722 | 2019-01-18 00:01 | Toronto編 | Comments(3)

書道の書き初め&新年会。


このところ 出入りが多く、ゆっくりと皆様のブログへお邪魔出来ていません。
何とか自分のブログアップと、コメントへのお返事だけで失礼しています。
ごめんなさい。。



先生ご夫婦の体調もあって、縮小された書道クラスです。

残っている生徒さんも皆長いお付き合いの方ばかり。


先週土曜日、書き初めと新年会を和気あいあいと、先生のご自宅で。

私は五目寿司と白菜サラダ、抹茶あずきテイラミスを持参。
初めて挑戦した生クリームを使わない、軽めのテイラミスでした。
作り置きしているあずき入り、美味しく出来ました。
肝心の写真は撮り忘れ。ハハ

ミセスTは毎年作られるご自慢の黒豆。それぞれが持ち寄っての新年会。
f0293042_21205249.jpg


↓私の五目寿司、今日はうなぎも乗っけ。
f0293042_21325669.jpg

f0293042_21212063.jpg



↓栗も入ったミセスTのふっくらとした黒豆。
f0293042_21214489.jpg

↓若い生徒さんですが、とても美味しい味付けでした。
f0293042_21220999.jpg
流石に先生のお料理は美味しい。
薄味の煮物がほんのりと甘みが有って良いお味でした。
f0293042_21231651.jpg



リンダ手作りのデザート。 ↓夫が絶賛したケーキ。
f0293042_21241363.jpg




↓手前のクッキー類もリンダの手作りですよ。

あっ、奥に私のテイラミスが。。。蓋を取り忘れ。
f0293042_21243807.jpg

英語と日本語が飛び交う団欒のひと時でした。
右を向いては日本語で、左側の方とは英語で、と言う具合です。





そうそう、肝心の書き初めです。
f0293042_21290364.jpg
f0293042_21291908.jpg

先生からいただいた、新年にふさわしい良い言葉です。

各自、読み上げて、それそれの意味を他の生徒さんに日英両語で説明します。



さあ、今年もお稽古に励まねば。。


by mamako48722 | 2019-01-15 00:05 | Toronto編 | Comments(8)

lineのアカウントを乗っ取られた、かっての同僚。



少し前の事、、、

年末、昔の同僚から、今、忙しい?と、
メッセージが入っていたのに、気が付いたのが、年が明けた2日だった。

早速、「返事が遅くなってごめんなさい。」と返信したがなんの音沙汰なし。
不思議に思って電話して見たが留守。

共通の友人から話を聞いて驚いた。
Lineのアカウントが乗っ取られたそうだ。

当日、このメッセージを送ったのは、本人ではなく、乗っ取った犯人から。

それに返信した人には、
「非常に困った事が起きた、
Web Money を買って送って欲しい。」と返事が来て、
その同僚の兄が被害に遭ったらしい。

同僚が一時帰国で日本に滞在していた時の事だけに、
彼のお兄さんも心配したのでしょう。

こんな具合でLineにテキストが。(-googleからのサンプル)
f0293042_03351005.jpg


で、
f0293042_03395619.jpg
と,こんな具合。

友人知人からのテキストなので、受けた人はてっきりその本人だと思うのですね。

これは日本のコンビニで買えるものらしく、
買ったらコード番号があり、
そのコード番号を教えて貰った相手が、現金で引き出せるのだとか。
f0293042_03400791.jpg

次から次へと新たな詐欺事件が起こるものだと、ほとほと感心してしまう。


遠い日本での詐欺事件だと、たかをくくっていたが、とんでも無い話だった。

乗っ取られた同僚は、もうこのLineへはアクセス出来ないらしい。


ここトロントでも振込詐欺が増えている。

友人のそのまた友人が、最近被害に遭った話を聴いた。


私も直ぐに気が付いて返信していたら、上記の様な遣り取りになっていたかも知れない。

ま、途中でおかしいな、、とは思うでしょうけどね。
そして、ここでは そんなコンビニも無いし。。


これが、日本に一時帰国してる時に、妹からだったりすると、私も危ういかも知れない!











by mamako48722 | 2019-01-14 00:03 | Toronto編 | Comments(8)

3ヶ月振りの指圧マッサージへ。


指圧には、九月に行ったきり、三ヶ月以上経っています。

今回の再発で上半身、特に肩から胸、首筋迄、
筋肉が強張り、まるで板か石の様です。

DRからも指圧に行く様に言われ、
そうだ、そうだと、思い出しました。

アポの有る今日は、グッと冷え込んでマイナス6℃。
車では無く、地下鉄を使っての歩きなので、暖かくして出かけます。

ヒートテックの上下を下に着込み、

もっこりと暖かいセーターを着て、。
ムートンの半コートに、顔も半分隠せる様なビッグショールで完全防備。
f0293042_12560910.jpg

手袋も薄手に、もう一枚重ねたダブル仕様。(笑)

膨れ上がった私に、トロントっ子の夫は苦笑いです。


寒いと緊張して肩や首の痛みも増すというもの。

人の目など気にしてはいられません。


施術してくれる方は、
トロントへ来てもう15年になる、娘と同じ年頃の日本女性。

施術前の約20分は、お互いの近況報告みたいなお喋りタイム。


ふふふ、この時間も又愉しいのです。







by mamako48722 | 2019-01-13 02:25 | Toronto編 | Comments(12)

倉庫の引っ越し




Akane Bed & Breakfastsを2016年に閉めたあと、大きな家具やガーデン用家具等を
出来るだけ処分したり、売却したり、
そして、コンドミニアムの近くに倉庫を借りた。

さしあたって 
コンドミニアムに入らない家具や物を収めていた。

借りてからもう2年以上になる。

初めのプランでは、トロント郊外に家を購入する事も考えていたのだが、
結局断念。

このまま便利なコンドミニアム暮らしを続けることにしたのだった。

旅行にも行きやすいし、いずれ又 その家も引っ越す事になるのだから。

その為、必要がなくなってしまった家具や備品がかなりある。


かってのログハウス。
家具もそう大きくは感じない程、ゆったりとしたスペースだった。
f0293042_332396.jpg

リビング、ダイニング、そしてキッチンも 同じフロワー。
f0293042_395468.jpg

ゲストルーム用にシングルベッド一式も倉庫に保管していた。
f0293042_3522451.jpg



倉庫には、加えて、20箱ほどの息子のもの、
娘や孫達のトロントに来たとき用の冬物衣類、
そして、この春亡くなった義母の古い物、と、ぎっしり。

賃貸料が月に3万円、夫の悩みでもあった。
1年に36万円、何もしないで飛んでいくのだから。。


だが、この1月からすぐ隣の2/3ほどのスペースが空き、
そちらへ移ることにした。

費用は約2万円。月に1万円の節約、大きいです。

引っ越す為には かなりの物を処分する必要が有る。
夫も、義母の古いアルバム等を処分する決心が付いた。
良かったわ・・。


私達の知らない人や、もうとうに亡くなってしまった人達とのアルバムが、
大箱3〜4個もあるのです。

処分したら、と私からは言い出せずにいたので、
ホッとした。

私達の代でこれらを片付けておかねば、子供達に大変な思いをさせてしまいますものね。




バハマへ行く迄に、この引っ越しを終える必要が有る。

私が余り動けないので、夫が一人でやらざるを得ません。

頑張ってね、と。。。


夫は毎日、2時間程 片付け、処分、荷物の移動に出掛けていきます。


片付け、断捨離が延々と続く我が家です。








by mamako48722 | 2019-01-12 07:22 | Toronto編 | Comments(6)

友人とダウンタウンで過した午後。



昨日は沢山のコメント有り難うございました。
とっても勇気づけられました。

少々の事等気にしないで良いのだ、と、皆様の温かいコメントに
心がほっこりです。


---------



旅行から帰ったら会おう、と言い合いながら、やっと2人の都合が付いたのが今日。

家を昼前に出て 戻ってきたのは夕方6時でした。

トロントで本物の日本食が食べられるレストラン波で、
ろばた焼き定食を頂き、
f0293042_07155453.jpg
その後
近くのホテルで、ゆっくりとお喋りして過しました。


ここの波レストランへは、本物の日本食を求めて来店する、
エグゼクティブらしいビジネスマン・ウーマンで満席状態。
昼間からお酒も入って、パワーランチですね。

凄い繁盛ぶりでした。



そして、我々は静かにお喋りが出来るホテルへ場所を移します。

ホテルの名は [king Edward Hotel.]

一寸由緒有る、古いホテルです。
ロビーでは、飲み物は如何?と可愛らしい女性が。
f0293042_07171737.jpg



私達はドリンクバーへ。
f0293042_07162020.jpg

その昔、1960年代、
エリザベス テーラーとリチャード バートンが
モントリオールで結婚式を挙げ、トロントに立ち寄った際 泊まったホテル。

そしてジョン・レノンとヨーコもステイしたそう。
f0293042_07175700.jpg

メニューには ドリンクに彼らの名前入りが有りましたよ!。
上から3番目にTaylor & Burton、そして4番目にJohn & Yoko。

両方共 19ドル!どんなドリンクなのでしょう。。
f0293042_07184173.jpg

私達は友人お勧めのリキュール・Baileys入りのホットチョコレートを。
ビスコッティ付きです。
f0293042_07182287.jpg
f0293042_07272370.jpg
シュガーステイックで 混ぜ混ぜ。
f0293042_07281480.jpg


お喋りもひとしきり済んで、
ゆっくりと街並みを歩きながら、目的は、[Saks fifth Avenue]へ

Hudsons Bay Company に [New York fifth Avenue]から資本が入りました。

f0293042_07294297.jpg

Hudsons Bay は、カナダで一番古い大型のデパートメントでしたが、
今は[New York fifth Avenue]の資本が入り、
売り場は半分程になっていました。

インフォメーションは友人からの受け売りです。
f0293042_07300359.jpg

[Saks fifth Avenue]。
f0293042_07303536.jpg


ぶらりと中を覗いて見ました。

素敵なブーツがあり、お値段チェック!
CDN$1,300 いいお値段です。
f0293042_07312375.jpg
トロントのダサイ街にこんな高級感溢れるお店、
果たして生き残れるのでしょうか。

余計な心配ですが。。



階下に有る、PUSATERI'Sで。
f0293042_07320180.jpg

f0293042_07323897.jpg
抹茶 忍者 tea!!
f0293042_07325559.jpg

日本のそれにはかないませんが、それでも
矢張り美味しそうなものがズラリ。
f0293042_07331206.jpg
どうも最近は、カナダでも抹茶ブームの様ですね。

ここでも Mactha and Sesame Brittle。
f0293042_07332950.jpg
よっぽど買おうかと思ったローカルのパン。
f0293042_07334744.jpg
友人は夕食にシェパードパイを購入。


私は駅まで迎えに来てくれる夫と、例の豚カツレストランへ行く事にしています。





by mamako48722 | 2019-01-10 08:49 | Toronto編 | Comments(4)

ブログへのコメントの事



ブログ友様へのコメント、私には中々ハードルが高いのです。
f0293042_23201884.jpg


加齢と共に日本語の文法も英語のそれと混同して??の文章に。

言葉も中々出て来ません。
昨日のブログタイトルも[お招き]、という言葉が出て来ず、散々考えた末、
[お呼び]と書き込んだ次第でした。

あとで気が付くと恥ずかしい限りです。(汗)

それでも脳の活性化と自分を励まし、ブログをセッセと更新し続けて居るのですが。。


皆様から、いいねを頂き、
有り難うございます、と訪問させて頂き、

こちらからも拝見しましたよ(^^) と、
いいねをクリックするのですが、
コメントが中々残せません。

果て、どう書いたら失礼にならないかしら、堅苦しくならないかしら・・

沢山のコメントが入って居られる方には、
これ以上コメントしたら、御返事が大変ではないかしら、

悩んだり、悲しんで居られる方には、
下手な慰めは余計に傷付ける事にならないかしら・・

そんな想いが脳裏を駆け巡り、手も足も出なくなってしまいます。


でも!今年は、
其処から1歩抜け出して、コメントを出来るだけ残して行こうと!。

先日拝見したブログ友さんが同じ事を話されていて、一寸勇気を貰いました。

私も1歩踏み出します。

 私の下手な、言いまわしのおかしなコメントが残されていたら、
笑顔で、笑ってくださいね。





by mamako48722 | 2019-01-09 00:06 | Toronto編 | Comments(26)

友人ご夫妻をお呼びして。(お招きして。)



コンドミニアムへお客様をお招きするのは久し振りです。

夫のリノベーションに次ぐ、ペインティング続きで、散らかり放題、
ホコリだらけの我が家でした。

完全終了では有りませんが、先ずこの段階で小休止。一段落です。
壁がスベスベ、綺麗になりました!
f0293042_22542630.jpg
f0293042_22532159.jpg
リビング兼ダイニングエリアも片付きました。
f0293042_22535523.jpg



夫は、この2日程、後片付けやら掃除を必死でやっており、
お陰で何とか間に合って、テーブルの準備も出来ました。

日時を決め、彼の了解を得れば、それに合わせて頑張ってくれます。
f0293042_05250845.jpg


メインはお鍋、大したセッティングでは有りませんが、間に合ってホッとしています。
必要な皿類を用意します。
f0293042_05260834.jpg

さあ、これから料理に取り掛かります。

痛みが大分治まり、かなり楽になりました。
注射が効いた様です。

嬉しくてハイの気分。
これって薬の副作用でもあるのですが、はしゃいで居ります。
夫がかけている、B.G.Mに合わせてズンバ!







デザートは昨夜作って置いたテイラミス、好評でしたが、
私的にはもう少し軽い方が良いですね。

レシピ、もう少し研究必要有りです。

マスカルポーネチーズと生クリームの比率でしょうか。。
他のレシピと練り合わせて再度挑戦。

親戚と友人とを合わせたようなお付き合いの彼ら、もう30年以上になります。




by mamako48722 | 2019-01-08 00:40 | Toronto編 | Comments(12)

従兄弟宅でお正月会。




毎年3家族、そして自立しているその子供達家族が集まって
New Yearを祝う。

96歳の義理の叔母から4歳の幼児迄、4世代、計22人が賑やかに過ごした夜でした。

クリスマスをフロリダのデイズニーランドで過した従兄弟のK夫妻、その子供と孫達が
飛行機の突然のキャンセルに会い、昨日帰宅予定が今日となって、
デイナータイムにぎりぎりに間に合った。

4歳から9歳迄の4人の子供達は、デイナーが終わると、
沢山のプレゼントが出るのを知っている。

この日をミスするなんて彼らは耐えられない。絶対に遅れまじと両親をせかして 
やっと間に合った、という訳だ。

それぞれが、それぞれの分担の料理を引き受けて、
沢山のデイッシュが並ぶ、日系のこれでもか!という料理パーティー。

カナダへ来て初めの頃は、食べきれない程の、そして数え切れない程の、
いく種類ものデイッシュに唖然とし、
こんなにも作って一体どうするの!と 思ったものだったが、

今では パッケージに入れて持ち帰る日系スタイルが楽しみになっている。(笑)

翌日の食事にと、頂いて帰るのです。
f0293042_01595331.jpg

数の子も有りました。
私のステイームポーク、これも2世の料理、
見様見真似で作ったけど、皆さん、とても懐かしかった様です。
f0293042_02020388.jpg

2世料理のチャオメン。
彼ら日系人は日本の料理と思っているけど、日本には有りません。

f0293042_02024112.jpg
私の一品 オクラ
f0293042_02045246.jpg
黒豆は缶詰ですね。
f0293042_02051234.jpg
サーモンの照り焼きやら、煮豚やら、テーブルに乗り切れない!




3世の従兄弟のMは料理係、白人の奥様Eはお客様のお相手、
我々は、手伝いしたい人が、入れ替わり立ち代わり、
料理を盛り付けたり、皿を洗ったり、飲み物はセルフサービスでと、
和気あいあいと過ごします。


天麩羅は従兄弟の係り。随分上手に揚げられる様になりました。
f0293042_02005257.jpg

子供達世代はお手伝い。
f0293042_02012890.jpg
f0293042_02030221.jpg
f0293042_02034597.jpg
f0293042_02043125.jpg
f0293042_02223052.jpg


f0293042_02040305.jpg
f0293042_02032461.jpg
96歳の義理の叔母はまだまだ元気で、自分で歩いて食事を取り分けます。
f0293042_02120350.jpg

勿論 どっかりと腰を落ち着けている人も居ます。

肩のはらない親戚の集まりです。


96歳の叔母の相手をしてくれるのは、N夫妻の愛猫、マーブル。
ホリデーシーズンらしく、蝶ネクタイでお洒落して仲間入り。
f0293042_02175592.jpg
f0293042_02181246.jpg
f0293042_02183672.jpg





食事の後は、子供達が待ちに待ったプレゼントタイム!
もう凄い興奮状態。
f0293042_02193585.jpg
f0293042_02200505.jpg
f0293042_02210503.jpg




抱え切れないほどのプレゼントを持って子連れの家族は、
帰路につきました。
とっくにベッドタイムは過ぎています。

デザートタイムは大人だけになりました。
f0293042_02240333.jpg


ジェロ。意外と後を引く美味しさです。
f0293042_02245610.jpg



手前がベリーミックスのトライフル、奥の方がジャンボプリン。
f0293042_02253567.jpg


手作りのチョコ。
f0293042_02263432.jpg


フロリダからのお土産で、3種のラムケーキ。
f0293042_02270775.jpg
f0293042_02280230.jpg
f0293042_02281896.jpg





この後は静かに大人だけの時間、でも気が付いたら、12時を回っていました。

私達も失礼する事に。
明日は久し振りに友人夫婦を招待します。


これから帰って、デザートのテイラミスを作らなくては・・。




by mamako48722 | 2019-01-07 04:28 | Toronto編 | Comments(10)