カテゴリ:ペット( 2 )

何とも悲しい、ダルシーの死


投稿しようか、止めようか、と随分迷いましたが、、、思い切ってお知らせします。



---------------

水曜日の事です。娘から連絡があり、2日前の月曜日にダルシーが死んだと。。

病名はパルボウイルス感染症

最後の家出をして、娘の所に来た時はもう感染していたんですね。

私達がバハマから帰ったあと、動物病院へ連れて行き、
色々なチェックをしてもらい、
ダルシーは、歯の生え具合から生後3ヶ月位のベビーだという事もわかりました。

予防注射やワクチン接種等を順々に受け始めていたのです。

それから3~4日位経ったあと、段々と元気がなくなり始め、
再度の病院行きとなり入院、
何日か後に死んだという事でした。


娘は、飼い主からの連絡待ちを2週間と区切り、
それ迄何も連絡がなければ、自分の方へ引き取る事にして、
病院でチェックして貰うつもりだったと言います。

早く連れて行っていれば、もしかしたら感染を防ぎ、助かったかもしれないと、
悔やんでいます。



あんなに元気でじゃれ合っていたんですもの、まさか、そんな・・・

f0293042_09490130.jpg




パルボウイルスはかなり強いウイルスで、外界でも一年近く生存するそうですね。

子犬は特に感染しやすく、潜伏期間後、発病したら2〜3日で死に至るらしい。


楽しみにしていたダルシーの成長でしたが、残念でなりません。


娘の話では、バハマの人達の多くは、
犬や猫達を家族の一員として認識はしていない、と言っています。
(極一部の人を除いてですが。。)


昔の日本もそういう時期がありました。
産まれたばかりの子犬や子猫が段ボールに入れられ、道端に捨てられていました。

小学校帰りにそんな捨てられた子犬や子猫を見つけると拾って帰ったり、
給食の残りを食べさせたり・・・そんな思い出があります。


バハマもまだまだそんな感じ。

産まれた子犬や親犬に気を配る様な飼い主は、極まれ。
予防接種などしていないんですね。

野良犬もあちこちに居ます。

きっとダルシーもそうだったんでしょう。ワクチン接種等もしていませんでした。
死んだら其れまで、また飼えば良い、そんな飼い主が多いのです。


悲しい報告でした。



f0293042_10392014.jpg



でも最後の何週間は、ママ・パッチスや 娘達家族と楽しい日々を持てたんですもの、
其れがせめてもの慰めです。

よかったね、と、思わずにはいられません。

とても残念です。






[PR]
by mamako48722 | 2018-03-25 09:55 | ペット | Comments(12)

ダルシーのママ・パッチス


慌ただしく日々が過ぎていくそんな中、

娘と下の孫から写真が送られてきた。


どうやらダルシーはパッチスをママだと思い込んで居るようです。(笑)

甘えて、戯れて、パッチスのベッドに入り込んで来ます。
自分のベッドには行きません。
f0293042_07270030.jpg
最初はうるさがっていたパッチスも、諦めたのか、いえいえ、

諦めざるを得ない様です。


ダルシーはここでも自分の想いを遂げましたねぇ。

ママ・パッチスにベッタリ。。。


こんな二人、いいえ2匹を見てると、思わず笑みがこぼれ、癒やされます。





[PR]
by mamako48722 | 2018-03-14 10:23 | ペット | Comments(8)