2018年 02月 26日 ( 1 )

Sandyportでの長い1日でした。

夫の眼科でのチェックが終わった日の夜
長椅子で寝転んで見れると言う、豪華な、まるでホームシアターもどきの映画館へ行って来ました。
「The island house cinema 」です。

島の西の方角にある
大きなゴージャスなホテルに隣接しているシアターです。

      大きい空間のロビーを通り抜けて。
f0293042_01284865.jpg

音楽も流れています。生で。。

f0293042_01273876.jpg



観たかった「Star Wars」が上映中でした。

ここは48席用意されていて、観客はワイン等を飲みながら、足を上げ、脚を伸ばし、
寝そべりながら、ゆったりと観てきました。

f0293042_01301260.jpg
f0293042_01311291.jpg

帰りはプールサイドを散策。

超・豪華なリゾートホテルで、ブテイック・ホテルと呼ばれているとの事。

一晩が$700-$950,ネットで調べたら残り3部屋と出てきました。
凄いですね〜。確かにバハマらしからぬ、南国の超・豪華なリゾートの雰囲気です。

ウエイターがうやうやしくサーブしてくれます。


サービスする人、される人。。そんな文句がフッと浮かんできました。

私は矢張り貧乏性。(笑)

f0293042_01320685.jpg
f0293042_21394042.jpg


ひんやりとした夜で、持参した薄い長袖でも寒い。


ツアーエリアから離れたこの豪華なブテイック・ホテルでくつろぐ人達、
自家用飛行機でこの国を訪れる人達、
その方達のバックグランドを想像してしまいます。どんなに裕福なんだろうと。。

そして彼らにサーブする人達、同じ様にまた彼らのバックグランドを想像してしまいます。

余りにも貧富の差が大きいこの国です。

外国から来るセレブ達、昔から支配する側の英国人達、
過去に先祖が奴隷として連れてこられた人達。
なんの保証も無く安い賃金で働く人達。

お金が無いととても惨めな日々を送るしか無いという、この国です。

世界はほんの一握りの裕福な人の為に動いている様な錯覚を覚えてしまいました。

カナダや日本で保証されている様な最低の人権が此処には有りません。

彼らが動物を虐待するのも何かその辺から来ているような気がします。
心に余裕が無いと気持ちもすさんで来ます。夢もありません。
動物に愛情を注ぐ事も出来無いのでしょう。

虐待する全ての人がそうだとは言えませんが。。

Ronnがこの国の青少年達に夢を与えたいと願う気持ちが、
ほんのちょっぴり感じられたような気がします。
ほんの少しばかりです。

外から来た者が簡単に言えることではありませんもの。

若い時には見えなかった事、考えなかったいろんな事が、
最近は、少しずつ見えてくるように思います。

これもまた、老いてきたと言う事でしょうか・・(笑)











[PR]
by mamako48722 | 2018-02-26 10:12 | バハマ編2018 | Comments(8)