2018年 02月 14日 ( 1 )

冬のトロントから常夏のバハマへひとっ飛び!

バハマへ出発前夜、ドラッグストアで目薬を購入。
今朝起きたら夫の片方の目が一寸おかしい。。腫れているのです。

でも痛くはない、、と。??

日曜でドクターもお休み。お葬式で救急病院へ行く時間も無い。
救急病院へ行ったら、先ずは4~5時間は待たされ、一日がかりとなリます。

お葬式が終わり、親族一同の会食も終わってから
ドラッグストアへ駆け込んだ。

この目薬が効いておさまってくれれば良いのだが。。



朝からの雪、そしてみぞれ、気温は低く、
道路は除雪してもまだまだ凍結状態、凍りついています。

f0293042_23210402.jpg

ストアの前はツルツル・ピカピカ、、
f0293042_23201314.jpg



翌日13日月曜日、今朝の事、

夫の目は昨日と同じ状態で、良くなりそうも酷くなりそうも有りません。

バハマ行きをキャンセルすべきか、どうしようかと。。。。

航空券をキャンセルして日にちを変更出来るか、と、
電話しても忙しい、と繋がりません。

もう少し様子を見て酷くなりそうだったら、向こうで病院へいこう、と
最終結論を出して、予定通り出発する事になり、朝6時に家を出ました。

朝5時からの、てんやわんやの出来事でした。



そしてやっと、

トロントから、飛行機は南へ約3時間!ひとっ飛びです。

f0293042_23160762.jpg



ターコイズブルーの海が見えて来て、着陸準備です。
f0293042_23164613.jpg

f0293042_23172488.jpg

気温は27~28度、迎えに来ていた娘曰く、暑くないでしょう、、と。。。
ええ、確かに。。。

でも気温がマイナスのトロントから来た私達には過酷な暑さ。(笑)
f0293042_23175835.jpg
今日は一日体温調節が必要です。
体内温度はモアモアと上昇して行くのに、皮膚は汗も出さずにしっかりと保温しています。

矢張り加齢と共に、外気との対応能力が落ちているのですね。。
急激の温度変化に身体が付いていきません。


早く汗が出始めてくれないと、困ります。









[PR]
by mamako48722 | 2018-02-14 05:37 | バハマ編2018 | Trackback | Comments(11)