四国・栗林公園 そして五色台へ ②



朝の10時に栗林公園の和船へ予約済み。


開園は朝は6時半から。早いですね〜。
「日の出と共に開園、日が沈む頃に閉園」との説明書き。

なる程・・

和船に乗る前に辺りを散策してみた。
前を歩くヴォランテイア・ガイドと何人かの訪問者の後について行く事に。

説明を聞くのと聞かないのとでは大きな違いです。

和船は左側の南湖を30分程かけて巡る。
f0293042_17332196.jpg

見事な松が至る所にあり、忙しく手入れをされていた。
f0293042_22271954.jpg
f0293042_22282404.jpg
f0293042_21544586.jpg
f0293042_22425455.jpg

触って痛いのが男松、柔らかいのが女松との事、フムフム。。
f0293042_22441550.jpg
f0293042_23594632.jpg
f0293042_00010804.jpg


和船が浮かんでいます。私達も乗リます。
f0293042_21554517.jpg
f0293042_00020003.jpg
赤く色付いた石。
f0293042_22292156.jpg
f0293042_00032902.jpg



一時間程歩いたら船出の時間です。
早速船上の人となる。

船頭さんより、殿様とお姫様のつもりになって、舟遊びを愉しむように言われた。
良い声の船頭さんの講釈で30分程の船遊び、なかなかのモノでした。

てぶくろさんオススメの和船、素敵でした!

船からは又 別格の絶景。今日はとても静かな水面です。
f0293042_21562426.jpg
f0293042_22044335.jpg
f0293042_21574342.jpg

水面に映る木々が美しくて・・
f0293042_21594269.jpg
左端にサギがいました。動かないので飾り物?と思いきや。
f0293042_22030577.jpg

本物です!(笑)

f0293042_21584394.jpg
ここ迄来た甲斐が有りました。



昼食に、この界隈で有名らしい讃岐うどんの店「上原・本店」へ。
面白いセルフサービスのうどん店でした。
f0293042_22054583.jpg
揚げ物を選び、うどんを選び、代金を支払ったら、
5秒程ザルに入れて自分で茹でる。
f0293042_22061844.jpg
そして黒いハンドルを押して、うどんのスープを入れる。
f0293042_22064891.jpg
ネギと天かすの薬味をのせる。
f0293042_22071577.jpg
セルフサービス、なのです。

次から次へと客足が途絶える事が無く、続々と行列が出来、昼間だけの営業です。

確かにもっちりとした美味しい讃岐うどんでした。

ご馳走さま〜。


午後からは五色台へ、と車を走らせる。
f0293042_22123932.jpg
途中 立ち寄ったお寺は第82寺。
f0293042_23504596.jpg
f0293042_23490386.jpg

f0293042_22091054.jpg
f0293042_22094632.jpg
こちらのお遍路さんは車で来られました。
f0293042_22101703.jpg


こちらはご自分の脚でテクテクと歩いて行かれました。
f0293042_22115806.jpg
この階段を上がりきった突き当りがお寺。
第82寺・根香寺(ねごろじ)

見ただけで、わっ!
ご辞退しました。

f0293042_23521459.jpg
夫だけ登っていきました。
f0293042_23530326.jpg
f0293042_23542747.jpg

その昔、人食い鬼がいたそうな・・
f0293042_22105836.jpg
f0293042_23533722.jpg

途中の展望台から。
f0293042_22211909.jpg
今日は曇り日、幸い雨にはならずにすみました。
曇った瀬戸内海も悪くありません。


f0293042_22140986.jpg
f0293042_22133814.jpg
f0293042_22144199.jpg

途中寄った歴史資料館で。
崇徳院のおどろおどろしい伝説があるのですね〜。
f0293042_22160770.jpg
f0293042_22185820.jpg
f0293042_22165059.jpg


資料館の展望台から。
f0293042_00142956.jpg
f0293042_20315558.jpg

f0293042_00172822.jpg




今日はこれくらいにして宿へ戻ります。

そろそろ体力も底をついて来ました。

明日はうどん市へ、手袋館へ行ってきます。てぶくろさんにお会いしてきます。



[PR]
by mamako48722 | 2018-11-10 00:03 | 旅行篇
<< 四国・てぶくろ市 ③ 小豆島から四国へ >>