ビーチ探索 その2・Johnston beach

7~8年前に、一度来たことがある、Clifton Heritage National Park.
その時は工事中で中には入れず、その周りだけを散策。
今回はpark内に在るビーチ迄行ってきました。

孫たちは明日の試験に向けて勉強せねばならず、私達だけです。

夫は娘婿から古い車Vitzを借りて.
久し振りにマニュアルカーでドライブしました。

夫がギアチェンジする度に私は横でガックンガックン。。。(笑)

やっと着きました。


f0293042_07155399.jpg
f0293042_07290686.jpg



入場料がビジターは一人$10。ビーチまで送迎バスが有り、楽でした。
払い済みの証拠です。
f0293042_07163464.jpg
f0293042_07262634.jpg
場所的には島の南西の方角です。
f0293042_07143382.jpg
f0293042_07150707.jpg

歩き回るのを覚悟して、娘から借りたウオーキングシューズでしたけど
必要ありませでした。

f0293042_07255417.jpg

爽やかで、気持ちの良い日です。

ビーチはプライベートなので、
人も少なく綺麗に手入れされていて、とても気持ちが良い場所でした。
f0293042_07172992.jpg
f0293042_07180766.jpg
海原が何処までも続いています。
f0293042_07272016.jpg
f0293042_11535323.jpg


砂浜はゴミも落ちてなく、砂は柔らかくて気持ちがいい〜〜。
f0293042_07295364.jpg

長椅子も用意されていて、ここでも暫しのんびりと。。
Trailを歩き回るつもりで、Tシャツにジーンズ、帽子の出で立ち、
タオルも持参してなくて、水に浸した足が乾くまで待ちます。

ホントにリラックス。
f0293042_07280277.jpg
帰りも迷子にならない様にgoogle mapで。

google mapは役に立ちますね。
夫は日本でもこれを使って、行きたい場所へスイスイと行ってしまいます。
f0293042_07310228.jpg

途中で寄ったカフェでこんな素敵なヘヤースタイルの女性。
地毛でしょうか。。?

多分地毛とのミックスでしょうね。
f0293042_07315380.jpg

奈良の妹・次女へ送るカードを購入しました。
旅行する時は必ずその場所で、カードを買って帰ります。


このカードは、Atlantic Ocean の方角へ向かって立っている、アフリカン女性像。
f0293042_07402433.jpg

此処には前回来た時に訪れました。
f0293042_11482507.jpg



このSculptures には何故か心惹かれます。

祖国、アフリカを想い、立ち尽くしていたのでしょうか。
彼らはどんな想いで故郷を偲んだのでしょうか。。。


バハマには先住民アラクワ族が定住していたのですが、
1492年10月12日、イタリア人クリストファー・コロンブスが上陸。

コロンブスの開いたスペインからのルートを通って、
多くにヨーロッパ人がやって来ると、島に居たインデイオは
強制労働やヨーロッパ人が持ち込んだ疫病などで死に絶えてしまいました。

16世紀には絶滅してしまったインデイオの代わりに
アフリカから初めて、奴隷として多くの黒人がバハマ諸島に連れてこられたのです。

バハマ諸島の先祖はアフリカ人となるのです。

バハマ国、通称バハマは、西インド諸島のバハマ諸島を領有する国家です。

英語圏に属し、イギリス連邦の加盟国であると同時に
英連邦王国の一国たる立憲君主制国家でもあります。

首都はニュー・プロビデンス島のナッソー。
最近、バハマ文書が注目を浴びていますね。

ちょっと歴史のお勉強(笑)



夕方家へ辿り着くと、娘がもう夕食の準備をしていました。

今夜は私はフリー。





[PR]
by mamako48722 | 2018-02-20 11:55 | バハマ編2018 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://bbloghome.exblog.jp/tb/29600669
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ご近所さんちの子犬がお泊まりに。 ビーチ探索・Montegue ... >>