妹からのミッドナイト.コール

時々、眠れなぁ〜い、、と、妹(三女)から夜中に電話がかかって来る時が有ります。
日本と14時間の時差が有るのでこちらはお昼頃。
f0293042_07261077.jpg



直ぐにスカイプへ切り替えて、あぁでもないこうでもない、と、話していると、
あっという間に2~3時間たってしまいます。

話題は、日本の家族の事、料理の事、そして二人の共通のお洒落の事、
甥っ子、姪っ子の事、と、話が尽きる事はないのですが、
流石に明け方ともなれば一寸心配、そろそろ休んだ方が良いのでは、と気になります。

時には、このまま起きているから、と言う事もあるんです。


こういうMidnight callがかかって来る様になってから、三女の意外な面や、知らなかった面々が見えて来て、時々驚かされます。

こんなにも泣き虫で、ナイーブだったんだとか。。。
物事をこんなに深く捉えるんだとか。。

日本を離れてかれこれ30年以上になるけど、
あの頃はせいぜい手紙でのやり取り位だったし、
電話も高額で、そうそうは出来ませんでしたから。

ここに来て、こんなにも色々と話せる様になるとは思いませんでした。
最新文明のお陰も有りますが。。。
スカイプで、お互いの顔も見ながら話せますしね。

私がリタイアして、日本へ度々帰るようになり、会うようになっては居たものの、
それ程深い話が出来るような時間は持てなかったですしね。。。
帰ると言っても短期間の旅行みたいなものでしたから。

初めの頃は、お互いの物事の捉え方に随分温度差があり、想いをぶつけ合う熱い対話も有りました。(笑)

30年の間には、それぞれの違った生活環境や夫の影響で、生き方も考え方も変わりますからね。 それがここに来て、色々と話せる様になって来たんです。

多分私、(お姉ちゃん)のタブーのボタンを押さないように気を付けて、
努力してくれて居るんだと思いますが。。。(笑)


妹は小さい頃、夢みる夢子さんのあだ名が付く位、夢の中に浸ってしまう、
夢みる女の子でした。

それは、三女という存在で親からもあまり構ってもらえず、
寂しかったからなのかもしれませんね。

私にとっても一番遠い存在の妹だったけど、今では話が通じる一番近い、遠くに居る私を気遣ってくれる、大好きな妹です。
f0293042_07265486.jpg

いつも交わす言葉だけど、お互いあと何回会えるかしらね。。
元気で居ようね、と。

施設に入っている妹(次女)のあれこれの面倒を見ていて、
堅実でしっかり者の妹です。


[PR]
by mamako48722 | 2018-01-14 00:52 | つぶやき | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://bbloghome.exblog.jp/tb/29253449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maya653 at 2018-01-14 11:37
いいですね~ 姉妹のいる方が羨ましいです。
友人とはまた違った存在ですよね。
私の母も4姉妹の3番目でしたが、年取ってからの姉妹の交流は楽しそうでした。
私は兄弟も男なら子供も男で、ちょっと寂しいのですが
ただ、母のおかげで叔母(母の妹)と従姉妹(母の姉の娘)が
私にとっては姉妹に代わる存在かもしれません。
大切にしたいです。
Commented by yokkofire at 2018-01-14 16:41
嬉しい記事を書いてくれて有難う^^
大好きと言われる以上の喜びはありません
暫くウルウルが止まりませんでした

これからも、ナイーブな妹を宜しくお願いします(●^o^●)
Commented by mamako48722 at 2018-01-15 02:11
> maya653さん
mayaさん、コメント有難うございます。

姉妹としての愛情がある分、葛藤も度々有りましたが、今はそれも一つのステップだったのだと思います。残り少ない人生、会ったときには愉しく過ごせれば〜と今はそれのみ。(笑)

mayaさんにも姉妹と変らない存在の従姉妹がおられるとの事、 
そうですよね、大切になさって下さいね。
Commented by mamako48722 at 2018-01-15 02:32
> yokkofireさん
はい、yokko、

度々のミッドナイト コールでの他愛ない会話で有っても、
私の凍りついていた心が徐々に解けていきました。

解けたところからフツフツと、、、何かが湧いてきます。。。
長い道程だった様な気がするよ。
<< かなり遅れての、いとこ達とのお正月会 ZARAのセールで。 >>