お悔やみをいただきまして有難うございました。



お葬式の準備もほぼ出来、ブログを覗きましたら、

ブログのお友達( 、とお呼びしても良いのでしょうか。)から
お悔やみの言葉を頂いているのに気が付きました。


お返事が大変遅くなりましたが、
お悔やみのお言葉、有り難く頂きました。御礼を申し上げます。

義母は95歳の人生を誇り高く生き抜いた日系二世の女性でした。

戦争で家屋や財産を没収された日本人はB.C.のLemon Creekに収容され、
その後、苦難の道を歩みながら、日本人の勤勉さと誠実さで
カナダでの、日系人の土台を築いて来ました。
f0293042_11481210.jpg
葬儀の準備の一つ、写真集。

もう少しで出来上がります。
葬儀は亡くなってから2週間後、今週の土曜日の予定です。

合間に、義母の部屋の片付けをしていますが・・もの凄い量の荷物、、。

片付けても片づけても、出てきます。苦笑


全てが終わったらブログを再開したいと思います。
その時はどうぞまた宜しくお願い申し上げます。

重ねて、心温まるお悔やみをいただきました事、有難うございました。

本来ならばお一人、お一人にお返事を差し上げねばならぬところですが、
これをもってかえさせていただきたいとおもいます。

トロントは今日も雪が降りました。寒い日が続いています。
皆様も季節の変わり目、体調にお気を付けて。







[PR]
# by mamako48722 | 2018-04-11 12:09 | 義母 | Trackback | Comments(5)

義母



沢山の、読みましたよの"いいね"や、
励ましと労りのコメントを頂き、本当に有難うございました。

3度目の入院後の検査の結果、治療の効果はみられないとの事で
義母は緩和ケアへ移り、3日後に亡くなりました。

義母は、ぎりぎり迄寝込むことなく、病院行きを拒み、
我々のサポートを受けながらではあるけど、自室で過ごしました。

自立心の強い、そしてプライドの高い女性らしく・・・



双子の姉と。
f0293042_22453380.jpg




最愛の夫と。
f0293042_23553948.jpg

二世の呆けない長寿の秘訣、花札あそび。彼らは"ガジ"と呼んでいます。
義母もぎりぎり迄、ガジ友と遊んでいました。
f0293042_22460644.jpg


義母は、バハマやフランスから駆けつけた孫とひ孫の手を取り、
彼らをしっかりと認識した翌日、静かに息を引き取りました。
95歳の天寿を全うしたと思います。

====



皆様からの温かいお言葉や、いいねは 私をしっかりと支えてくれました。
本当に有難うございました。

コメントをいただいた方々へのお返事は、
今回、これを持ってかえさせて頂きたいと思います。
重ねて御礼を申し上げます。

落ち着きましたら、又ブログへも戻って来たいと思っています。
その節はまたどうぞ宜しくお願い致します。


今年の日本の気候も、かなりの不順の様ですね。

こちらもそうですが、季節の変わり目、どうぞ皆様もご自愛下さい。

[PR]
# by mamako48722 | 2018-04-05 22:53 | 義母 | Trackback | Comments(5)

3度目の義母の緊急入院



月曜日、義母が緊急入院しました。
これで3度目。。。。

幾つかの検査の結果、今回、腎臓の機能が落ちてる事が判明。

カルシウムレベルが通常の2倍だとか。

結果、夜半、救急病棟から普通病棟ヘ移されました。入院です。

私だけが一旦帰宅、夜中の2時でした。

今朝6時に夫から交代のSOSが、彼も相当に疲れている様です。

私は4時間弱の仮眠でしたが、今から病院へ行き、交代します。


コメント頂いたブロガー様、申し訳ありませんが、お返事が暫く出来ません。

ご了承下さい。


[PR]
# by mamako48722 | 2018-03-27 20:58 | 義母 | Trackback | Comments(4)

Momiji Bazaar


24日は年に一度の、Momiji界隈の一大イベント、恒例のMomiji Bazaarでした。
近辺の住人にも大人気。

Board memberやVolunteerの方々は1週間前からその準備で大忙し。

私は当日だけのヴォランテイアで参加。朝9時から夕方4時まで。
ビッチリと立ちっぱなし。短い時間でしたが、疲れました・・
夫は義母の付き添いで今回は不参加。

何日も前から準備をされている方々は相当にお疲れだと思いました。

9時から其々担当のセクションで最後の準備を、
11時からはボランティアの方達のショッピング時間、
この時にランチ等の買い物を済ませておきます。

バザーは12時から3時まで。何時も皆さん、並んでお待ちです。

最近の日本ブームで、日本人形やら日本食器やらに興味のあるカナデイアンが
続々と見えます。




今回は雛人形が寄附されていました。
どなたにお嫁入りするでしょうね。
f0293042_02471556.jpg





寿司詰合せの流れ作業
f0293042_23071409.jpg




食堂係、
f0293042_02024855.jpg






90歳を越えた超高齢者・Momiji 現役シニア!

ベテランの最終チェックです。(笑)
f0293042_23083608.jpg






メインテナンス・マン
f0293042_23072749.jpg






会場と駐車場係り。
若者のヴォランテイアが年々増えていて、嬉しい限りです。
f0293042_23074080.jpg






ここには骨董品や掘り出し物が見つかる時もあるのですよ。
f0293042_02015461.jpg






今回の目玉セクション、フレンチフライのグレービーソースかけ。
ヴォランテイアは若者達がメインです。

私の後を継いだ、Fianncial Director の顔も後ろで!

彼は日系4世。2世のお祖母ちゃんっ子です。

日系4世、世代が大勢参加です。
f0293042_23081323.jpg






開場を待って、沢山の人が。。。所長と理事長がお迎えしました。
f0293042_02032278.jpg







寿司、万十コーナーは大賑わい、飛ぶように売れてい行きます。
f0293042_23084682.jpg





男子シニアも負けずにヴォランテイアです。
f0293042_02051843.jpg





男性群に依る木工品。
ドアーストッパーやら小鳥の巣箱等も。

f0293042_02481699.jpg






日本からワーキングホリデー・ビザでトロントに来ている若い女性達も
ヴォランテイアで参加。
f0293042_02073021.jpg






日系3世と4世の息子さんのお嫁さんと、5世。3世代のヴォランテイア
f0293042_02092804.jpg






今年103歳を迎えたMomiji居住者と娘さん。
f0293042_02081392.jpg






Momiji居住者、アーティストに依る墨絵カード。
毎年1~2枚購入します。

このようなカードを作れる様になるのが、私の目標です。
f0293042_03274590.jpg





どれも好きで迷ってしまうのですが、今回はこの2枚を選びました。
f0293042_03245853.jpg
f0293042_03241336.jpg



Momiji Bazaarは家族との繋がり。

日系の伝統を次世代へつなぐ、イベントでもあります。

太巻きを作るお手伝いをしたり、お祖父ちゃん、お祖母ちゃんのお手伝いをしたり、

Momijiの事をもっと知ってもらう良いチャンスでも有るんです。


毎年、バザーの売り上げは平均30,000~35,000ドル。

Momijiにとってなくてはならない、大きな財源にもなっています。



次は夏のガレージセール。!
売れ残ったものを売りまくります。(笑)



[PR]
# by mamako48722 | 2018-03-26 10:55 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

何とも悲しい、ダルシーの死


投稿しようか、止めようか、と随分迷いましたが、、、思い切ってお知らせします。



---------------

水曜日の事です。娘から連絡があり、2日前の月曜日にダルシーが死んだと。。

病名はパルボウイルス感染症

最後の家出をして、娘の所に来た時はもう感染していたんですね。

私達がバハマから帰ったあと、動物病院へ連れて行き、
色々なチェックをしてもらい、
ダルシーは、歯の生え具合から生後3ヶ月位のベビーだという事もわかりました。

予防注射やワクチン接種等を順々に受け始めていたのです。

それから3~4日位経ったあと、段々と元気がなくなり始め、
再度の病院行きとなり入院、
何日か後に死んだという事でした。


娘は、飼い主からの連絡待ちを2週間と区切り、
それ迄何も連絡がなければ、自分の方へ引き取る事にして、
病院でチェックして貰うつもりだったと言います。

早く連れて行っていれば、もしかしたら感染を防ぎ、助かったかもしれないと、
悔やんでいます。



あんなに元気でじゃれ合っていたんですもの、まさか、そんな・・・

f0293042_09490130.jpg




パルボウイルスはかなり強いウイルスで、外界でも一年近く生存するそうですね。

子犬は特に感染しやすく、潜伏期間後、発病したら2〜3日で死に至るらしい。


楽しみにしていたダルシーの成長でしたが、残念でなりません。


娘の話では、バハマの人達の多くは、
犬や猫達を家族の一員として認識はしていない、と言っています。
(極一部の人を除いてですが。。)


昔の日本もそういう時期がありました。
産まれたばかりの子犬や子猫が段ボールに入れられ、道端に捨てられていました。

小学校帰りにそんな捨てられた子犬や子猫を見つけると拾って帰ったり、
給食の残りを食べさせたり・・・そんな思い出があります。


バハマもまだまだそんな感じ。

産まれた子犬や親犬に気を配る様な飼い主は、極まれ。
予防接種などしていないんですね。

野良犬もあちこちに居ます。

きっとダルシーもそうだったんでしょう。ワクチン接種等もしていませんでした。
死んだら其れまで、また飼えば良い、そんな飼い主が多いのです。


悲しい報告でした。



f0293042_10392014.jpg



でも最後の何週間は、ママ・パッチスや 娘達家族と楽しい日々を持てたんですもの、
其れがせめてもの慰めです。

よかったね、と、思わずにはいられません。

とても残念です。






[PR]
# by mamako48722 | 2018-03-25 09:55 | ペット | Trackback | Comments(12)