アレルギーテスト結果とDRの意見

Environment(自然環境)に反応したアレルギーテストの結果でした。

日本ではアレルギーとは無縁だったのに、カナダの自然環境には合わないようです。
中でも ragweed (ブタクサ)に激しく反応しました。


これまでも、私はアレルギー性頭痛が頻繁に起こっていました。
その都度、抗ヒスタミン剤で解消してきたんですが。。


しかし、今回の、この蕁麻疹にはなすすべが無く、いまのように毎日抗ヒスタミン剤を取りながら、徐々にそれを減らしていくしかないようです。

食事もヒスタミンを多く含むもの(ナッツや柑橘類)、魚介類をカットするよう、指示されました。

当然です。
でも、お魚が食べられないのはきついです。


食事を見直しながら、今日から抗ヒスタミン剤を摂り始めます。😁
明日から痒みも治まるでしょう。ホッ。

[PR]
# by mamako48722 | 2016-08-20 05:16

待ちに待ったアレルギー検査

明日は待っていたスペシャリストに依るアレルギーテストの日。
正確なテストをする為、5日前から抗ヒスタミン剤の摂取をストップしています。

薬を止めてから、徐々に痒みが酷くなってきました。
3日目の昨日は痒み止めクリームを塗りっぱなし。体中がベトベトです。。。

髪をとかせば頭皮が、シャワーを使えば体中が、服のありとあらゆる部分に接触している皮膚が、狂いたくなるほど痒くなります。

今日はヒリヒリと痒くなり始めたら、アイスで冷やしています。
ほぼ一日中、氷をタオルに包んだものを頭に乗せ、首に、胸に抱いて過ごしています。

そうそう脚にもです。脚を組んだらそこから痒みがスタートするのです。。
f0293042_09471746.jpg


一体私の体はどうなってるんでしょう。


あと1日の辛抱、
明日のテストが終わったら、即、抗ヒスタミン剤を取るぞぉと我慢しています。

こういう蕁麻疹は原因を突き止めるのが困難だとか。ムムムむむむっ。。。


抗ヒスタミン剤はあまり副作用がないので、(全然無いわけでは、と思いますが。。)
症状が自然と治まるまで摂り続けるしかないそうです。
そして徐々に減らして行くようです。

インターネットで調べたり、本を読んだりしましたが、大体同じ事が書いてありました。

加齢と共にある日突然体質が変わるようです。
こういう事を通して、徐々に老いを受け容れざるを得なくなるのでしょうか。

あぁぁ それにしても 痒、痒、痒ぅ~ぃ。


[PR]
# by mamako48722 | 2016-08-19 03:14

トロントの友人宅でお家キャンプBBQ

ご無沙汰しっぱなしのトロントの友人達と、ゆっくり過ごす時間ができ始めた。

私達が落ち着くのをずっと待っていてくださった大切な友人ご夫妻、ご主人との時間の調整が付いて、又またお招きを頂きました。

ご主人の手作りに依る、趣向を凝らしたおもてなしご馳走に、私達はいつも感嘆の声を上げてしまうのです。

今回のタイトルは"おうちキャンプでBBQ "

持ち運びの出来るキャンプ用料理器具で調理され、頂きます。

燃料は炭です!。

先ずはエビの串焼きから。
f0293042_10123981.jpg
ご夫婦共同作業で和風スパゲティやらサラダも並んでいます。

次々と、焼き鳥、ネギ焼き、レバー焼き、そして野菜、ビーフと続きます。

f0293042_10130260.jpg
私達はもっぱら食べる専門。食器もキャンプ用で頂きます。
f0293042_10132634.jpg
                 
    さあ、次はコーヒーを、炭火で沸かして。カップも勿論キャンプ用です。
f0293042_10141546.jpg
段々と日が落ちて来ました。

プールの水がライトに照らされて蒼くきらめいています。

心地よい雰囲気に時間の経つのも忘れて、楽しいおしゃべりに夢中。
気が付いたらもう11時半。。。
明日はお仕事のご主人なのに、と、慌てて失礼して来ました。

次は本物のキャンプをやろうという事で一致。

もう20年も前だけど、子供達が小さい頃はよくキャンプへ行ったものです。

子供抜きでシニアキャンプを始めましょうか。。




[PR]
# by mamako48722 | 2016-08-18 09:04

友人のコテージでしばしの癒やしを。

Haliburtonで母への墓参り済ませた翌日、
隣町バンクラフトの、友人のコテージで一緒にランチを楽しんだ。

Lake frontのコテージは癒やしの場所、
トロントの街の暮らしに戻った私達にとって、最高のご馳走。
f0293042_00290253.jpg

ご主人はかって、UofT(トロント大学)のプロフェッサーだった。
今はリタイアされ、週一度、剣道で健康体を維持、
そして不朽塾という名で日本史を自宅で講義されている。
f0293042_00311619.jpg

この秋から私も不朽塾へ参加させて頂くことになった。

奥様は姉とも慕う書道の師。
やはり自宅で書道を教えておられる。
長いことお稽古を休んでいたが、この秋から戻る事にした。
f0293042_09204441.jpg


ご主人はBBQ担当(もっぱら男性の役目)、奥様はそれに合わせて色々なサラダを用意されて待って居て下さった。
f0293042_00293330.jpg
f0293042_09210756.jpg



トロントに帰るのが嫌になる程、暖かいもてなしを受け,
リラックスした時間を過ごした午後のひと時、
ほっこりとした気持ちで帰路に着いた。

ああ やっぱり田舎暮らしはいいなぁ。せめて夏だけでも暮らしたいなぁ。


[PR]
# by mamako48722 | 2016-08-17 09:45

カーヤックで母の墓参り

久し振りの更新です。


亡き母の命日が8月5日、6年前、母の希望でそれ迄私達が住んでいたハリバートンの湖に散骨した。
それからは毎年この日に湖へ花を手向けている。

今年はトロント住まいの事もあって、ハリバートンの友人宅へ3泊する事にした。
ボートもカヌーもペダルボートも処分していたので、前から気になっていた折りたたみ出来るカーヤックを購入。
これだと今借りているトロントの倉庫にも保管できる。

前日、夫の従姉妹が毎年借りているコテージで、従姉妹達と初試乗。

f0293042_22112262.jpg
       空気を入れていく。
f0293042_22115359.jpg
      しっかりと膨らみました。

f0293042_22155045.jpg
   さあ、試乗運転。
f0293042_22175721.jpg
           安定性充分です。
          従姉妹達も感触を体験。

f0293042_22191304.jpg
乗り心地は悪くない。安定感も有り、カヌーとは違った感触ですね。


次の日、目的の湖へ夫と繰り出しました。
結構大きい湖なので、モーターボートが近づいて来ると怖いな、と思っていたけど、
全然大丈夫でした。


f0293042_22383650.jpg
母へ花を手向けていく。

f0293042_22394570.jpg
母へ。

今年も来たよ、皆からのメッセージの花だよ。

f0293042_22404250.jpg

 無事に終え、ホッ。
f0293042_22391016.jpg

今年も母への墓参り航海(ではなく航湖ですか。。)無事に終えました。(笑)

毎年 母を感じるフイーリングが遠くなっていきますね。
向こうの世界で段々と人間臭さが抜けていっているのでしょうか。。

母さん、向こうで又逢えますよね。




[PR]
# by mamako48722 | 2016-08-14 23:05