<   2017年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

スイス、Zurich (チューリッヒ)からRhenfalls,Blackforest,Lake Titisee、そしてフランクフルト。6/26/17


Zurich (チューリッヒ)を出て、Rhen falls(ラインの滝)へと旅は続きます。

ここはまだスイス、ヨーロッパ最大のラインの滝です。
f0293042_01175045.jpg
f0293042_01181026.jpg
スイス、シャワハウゼン郊外に在る、ナイアガラ程高い滝では無いけど、
美しい背景とヨーロッパの家々がスイスにいる事を彷彿させてくれます。

この後、Blackforest(黒い森)とLake Titisee(チチ湖)へ。ここからはドイツ。

この辺りは鳩時計が有名らしい。
店舗の地下室では沢山の鳩時計が作られていた。
f0293042_06155194.jpg
f0293042_06163168.jpg
この時計、5000ユーロ以上です。日本円で幾らになるんだろか。。
f0293042_01544397.jpg
これも5000ユーロ超えています。
f0293042_06180779.jpg

こんな素敵なオブジェが。
女性のしなやかさを感じさせ、思わず魅入ってしまった。
やっぱり私はこういう美術品が好きですね、、。
工芸品の時計にはそれ程惹かれず 、、〜です。
f0293042_01551680.jpg

Blackforest❨黒い森❩は、ドワーフや妖精、小人や狼男が住むと言う、
美しく神秘的な深いドイツの森

ドイツの南部に位置しています。

f0293042_01564949.jpg
f0293042_01560823.jpg
てっきり森の中を少し歩くか?もしかしてバスで走る?等と期待していたのだけど、
チチ湖の湖畔でゆっくりランチ、ちょっと予想外れだった。


「森の中には入らないのか、」とガイドに聞くと、「ノーノー」と、とんでもない、と
言うふうに言われ、友人達には「迷子になって出て来れなくなるよ、」と
半分冗談、半分本気みたいに言われた。

相当に深い森らしい。
それでもハイキングコースがあるというので、次回、チャンスがあったら、と言う事にした。夫は諦めきれずカメラを持って森への入口を探してウロウロ。

湖と黒ぐろとした森を観ながらビールとソーセージ、ポーク料理でランチ。
もちろんブラックフォレストケーキがデザート、甘すぎず美味しくて、ペロリと。

f0293042_01540689.jpg
ここも観光地、レストランやお土産店舗が軒を並べている。
f0293042_01572415.jpg

バスが待ってる所まで、ぶらぶらとウインドウショッピングしながら散策。
f0293042_01574774.jpg
アルパカのマフラーが半額、黒と青色を購入。
夏の肌寒い日や、勿論冬にも、と年中使えるとの事、手入れもし易いようだ。

f0293042_00471162.jpg

アルパカは高品質の天然繊維。独特のセルフクリーニングの性質を持っており、雨の日や湿気の日に、干しておくと臭いも取れ、きれいになるとの事。


今日でこのツアー(ブルーライン)は終わり!

これから3時間半程かけてフランクフルトへ戻ります。
バスの中では座席を変わったり、撮りあった写真を送り合ったりしながら和気あいあい、すっかり仲良くなりました。



[PR]
by mamako48722 | 2017-06-30 04:34 | 旅行篇 | Comments(0)

リヒテンシュタインへそしてアルプス山脈、Mt,Titlis. 6/25/17

生憎の雨の中、バスはヨーロッパの小国、リヒテンシュタインへ向けて早朝7次半に出発。
ここは世界で6番目に小さい国。

予定には入っていないけど、皆の希望でそこで少し散策する事に。
スイスとオーストリアに挟まれた可愛いメルヘンチックな国、
人口はたったの3万4千人あまり。面積は瀬戸内海の小豆島位だそう。

f0293042_00555475.jpg
f0293042_00564207.jpg
f0293042_01021849.jpg
f0293042_00594274.jpg

f0293042_01012055.jpg

f0293042_00584249.jpg

Mt. Titlis(テイトリス)へ向かいます。
f0293042_01031862.jpg

f0293042_01045377.jpg

ゴンドラを2度乗り換え、テイトリス ロッテール(世界初の回転空中ケーブルカー)で
3041メートルの高さへ360度回転しながら一気に上がっていきました。

f0293042_01042092.jpg
f0293042_01061001.jpg

f0293042_01064597.jpg

f0293042_01071678.jpg

断崖ウオーキング、テイトリス氷河、アイスグロット(氷河洞窟)等を。
f0293042_01103012.jpg
極寒の氷河の洞窟へ。
f0293042_01091350.jpg
f0293042_01083266.jpg
f0293042_01094854.jpg
頂上!
f0293042_01112493.jpg
初めて見る光景に観光客の子供達は大興奮!
滑って転んで、と大はしゃぎしていました。

流石に寒い、長くは居られません。標高3千メートル以上の高さです。
f0293042_01135459.jpg
山頂でもお土産店が。
チョコレートです。
f0293042_01154723.jpg
量り売りのチョコレート。
f0293042_01151200.jpg

兄弟と呼び合う二人(笑)お揃いのベースボールキャップを購入。
f0293042_01165736.jpg


Lucerneルツェルンの街を見て、

Zurichでスイス時計のウインドウショッピング、スイスのチョコレートを買い、アイスクリームを頬張り、

やっとホテルに着いたのはもう9時に近い時間、くたびれました。。

[PR]
by mamako48722 | 2017-06-29 01:49 | Trackback | Comments(2)

ウイーンからザルツブルクへ。 6/24/17

オーストリアのウイーンを出てザルツブルク、そして今夜はドイツのミュンヘンで宿泊。

朝からザルツブルクヘ向けて出発です。

ザルツブルクはご存知モーツァルトが生まれた場所、
そしてサウンドミュージックのロケ地でもあります。。

アルプスの山々を遠くに見ながら、ひたすら走り抜けます。

やはり有名な観光地なんですね。ツアーバスが次から次へと乗り込んできます。
ユネスコにも載っている美しい歴史の街です。

ザルツブルクではショッピング、ドイツ製のキッチン道具やらナイフ等、皆さん結構買い物されてました。
私と友人は孫にお土産品購入。

モーツァルトの生誕の地。中には入らず。。でした。
説明があったけど、中国語で理解不能。。
f0293042_06493295.jpg


f0293042_06515427.jpg

f0293042_11180649.jpg
f0293042_11194446.jpg
祈願!
願いを掛けて鍵をかける!
f0293042_11245989.jpg


フリータイムはウインドウショッピングです。
合間にイタリアンレストランで夕食。

飲み物は全て20%、食事は10%のタックスが加算、これにチップを加えると、食事の代金はバカになりません。
流石にトイレはフリーでした(笑)

f0293042_06543063.jpg
この後はドイツへの国境を越え、ミュンヘンへとバスは走ります。





[PR]
by mamako48722 | 2017-06-27 02:00 | 旅行篇 | Trackback | Comments(0)

ブタペストからVienna(ウイーン)へ 6/23/17

ブタペストを出て、約250km、着いたのはオーストリア、ウイーンです。

ここでもやはり美しい建物を見て回りました。
SouthパレスとNorthパレス、目を見張る程の美しい装飾、建物内は撮影禁止です。

幾つかの写真をアップ。
f0293042_06402360.jpg
f0293042_06441048.jpg

f0293042_06410012.jpg
f0293042_06390067.jpg



どこも観光客で溢れています
f0293042_06394252.jpg
f0293042_06382170.jpg

やはり暑い!


ガーデニングを見て回る彼らにお断りして、私は入口付近の建物の中で待ちます。
ここにはあまり冷房も入っていません。顔から汗が滴り落ちます。

ヨハン・シュトラウス像
f0293042_06483655.jpg
 
テクテクと歩いて、スクエアショッピングセンターへ。フリータイムです。



大規模のショッピング街、ありとあらゆる有名店が軒を並べています。
ヴィトンからテイファニー、。。。
そうそうZARAも有りました(笑)

私達は断捨離の身、ショッピングには興味有りません。
マクドナルドで喉を潤し、トイレを済ませ(レシートを見せるとフリーで使えます)


再度歩いて、予め予約してあるレストランへ。

昼間のカフェでもこのレストランでも、従業員はとても無愛想で、夕食を取ったここのレストランでは あまりの無礼な応対に夫が怒り出しました。
夫があんなに怒ったのを見たのは初めて。

さてさてやっと冷房の効いたバスへ乗り込みホッ!

今日泊まる予定のホテルには冷房なしとか!
これまで冷房なんて必要なかったんだとか!

現在この国では、やっと約50%位のホテルに冷房装置が付いたそうです。

かなり疲れ、足も浮腫んで来ました。
今日は郊外に有るスキー客用の小さいホテルに一泊。

ホテルに着いたあと、夫と友人達は近くを散策、 私は失礼して早々と休養です。

冷房が無くても部屋はヒンヤリとしていて、とても気持ち良く休む事が出来ました。


[PR]
by mamako48722 | 2017-06-26 07:02 | 旅行篇 | Trackback | Comments(0)

チェコスロバキアからブタペストへ 6/22/17

プラハからチェコスロバキア、そして今日はブタペストへ入りました。
移動する度に休憩で行くトイレが大変、人騒動です。

ヨーロッパヘ行かれた方々は経験済みだと思いますが、此等のトイレは有料。マシンに入れるコインが必要です。1ユーローだったり チェコのコインだったり、コインが手元に無いと両替に走ったり右往左往。
レストランでフリーのトイレだと知ると皆んなホッ。それでも中には有料だったりするんですよね。
たまに受け付ける人が居て、お釣りをくれたりします。
f0293042_04515380.jpg
まるでトロントの地下鉄乗り場への入り口みたいです。コインを入れて通ります。

f0293042_04522404.jpg

ご承知の通り、ここはブタとペストを橋で繋ぎ、ブタペスト。
38度と言う猛暑の中、美しい建物を見て回りました。

こんなに暑い日に外歩きをするのは何十年振りでしょうか。7月~8月に訪れる人達は最も暑い、猛暑の中を歩き回るんでしょうね。。想像しただけで汗がどおっと吹き出しそう。

午後から1時間ほどボートクルーズです。
ドナウ河から見る建物や教会が奇麗でしたね。
沢山の写真を撮ったけど、主だった建物を2つ程。。
f0293042_04540750.jpg

f0293042_04544635.jpg



バスの中はインターネットも使え、メールチェックや訪れる場所のインフォメーションをゲットします。

ヨーロッパの雰囲気を味わえるのは建物とオールドタウンや(勿論観光化してますが、) 小さい村くらいでしょうか。

どこも車ラッシュ、歩いている人々も北アメリカの感じとあまり変わりません。
ファッションも同じですね。

HOTELでシャワーを浴びサッパリし、今回のツアーメインの一つ、ワイナリーレストランで夕食とハンガリーダンスのショーへ。
f0293042_04563686.jpg



HOTELはペスト側 レストランはブダ側。結構長い道程でした。

アメリカや他のヨーロッパからのツアーと一緒になが〜いテーブルでダンスを観ながら食事。ワインもたっぷりと、皆んな盛り上がりました。
f0293042_04581641.jpg
f0293042_04594344.jpg

夫と二人で行く旅行では味わえない楽しさですね。こんな場所知りませんもの。
ホテルに戻ったのはもう11時を過ぎていました。

明日も又早起きです。



[PR]
by mamako48722 | 2017-06-25 05:11 | 旅行篇 | Trackback | Comments(0)

ラストミニッツで参加したセンターヨーロッパのバスツアー 6/21/17

全然其のつもりは無かったんだけど、チャイニーズの友人カップルの誘いで、
チャイニーズ向けのヨーロッパバスツアーに急遽参加する事になり、
慌ただしく出発したのが18日夕方の便でした。

友人の通訳でチャイニーズの仲間入り、と思ったら、
インドネシアから、タイペイからと、私達と同じ様に中国語を話さない人達がいて、
英語でコミュニケーションです。

ヴァラエティ豊かなグループとなりました。
流石に3日目となると、お互いに笑顔で挨拶を交わすようになり、
ツァーが楽しくなって来ます。

ホテルの手続きも部屋の割り振りも、何より荷物を持ってウロウロする事も無く、
移動するバスの中でお昼寝も可能、楽チン楽チン!
見るところも「さあ、此処ですよ、」と案内してくれますもの。

ツァーに初めて参加した私達、すっかり楽な旅行に満足です。(笑)

今日は朝からチェコの首都、プラハで過ごしました。
沢山の観光客で大賑わい、ヨーロッパから、アジアから、日本から、と
人達で溢れていました。
多分近くの国からでしょうね。子供達のグループも先生に引率されて見学です。
チェコの国の歴史の勉強でしょうか。

見るものはやはり教会ですよね。
歴史有るヨーロッパの教会は流石に圧倒されます。
f0293042_06352309.jpg
f0293042_06363328.jpg

f0293042_06333201.jpg
f0293042_06341364.jpg
f0293042_06424597.jpg
f0293042_06432479.jpg
f0293042_06440563.jpg
f0293042_06450381.jpg
f0293042_06455125.jpg
全部はとても載せきれません。


やっとお昼ごはん!
f0293042_06494216.jpg
遅めのランチは 勿論私達はビールです。其々好きな物をオーダーして。

ここで終わりかと思いきや、暑くなり始めた午後の時間に、長い石畳の階段を下り、古い街並みを見て周り、有名な大時計を見て、古い橋を渡り、テクテクと歩きです。

バスに着く頃はもうヘトヘト、せっかく飲んだビールは汗となりました。
f0293042_07144422.jpg
f0293042_17482780.jpg
f0293042_19002196.jpg



疲れた後は、次の目的地、スロバキアの首都へ向かうバスの中で皆んなぐっすりとお昼寝。




[PR]
by mamako48722 | 2017-06-23 07:17 | 旅行篇 | Trackback | Comments(0)

トロントからフランクフルト、そしてプラハへ  6/20/17


6/18,トロント(カナダ)→6/19,フランクフルト(ドイツ)→6/20,プラハ(チェコ)へ。
(18,19日のブログは予約投稿)

2週間という短い日数で訪れるセンターヨーロッパツアーの旅の始まりです。

フランクフルトで一泊して時差ボケを調整し、
今日から(20日)プラハへ向けてバスツアーのスタート。
約530kmを一気に走り抜けます。

フランクフルトは殆ど北アメリカと変わりなく、
お馴染みのファーストフードが軒並みに有り、
ヨーロッパ、ドイツに居るという気がしません。唯一ドイツ語でそうと知るだけ。

行きの飛行機で一緒になった一寸目を引く若者。
f0293042_02382779.jpg

耳たぶに開けた大きな穴、
そこの耳たぶの中に(ですよ!!)しっかり入れてある大きなイヤリングが
否が応でも目に入ります。

スラリと細く伸びた脚
鼻には3つの鼻輪も目に付き、
近くにいた、正直な子供はじいっと魅入って(笑)いました。

そして彼は私達と同じ座席。
夫は、私が何も言わないのに後ろ姿を撮ってくれていた。

f0293042_21115008.jpg

耳たぶに御注目!
f0293042_02410527.jpg

やっぱり夫も気になってたのね。(笑)
とてもフレンドリーなカナダ国籍の若者でした。


ウオーターボトルが約3ユーロ!(400円位?)もしたドイツ、
国境を越え、チェコへ入った途端、1ユーロと激安で購入出来てハッピー!

炭酸入りのウオーターが多い中 ミネラルウォーターを探すのに一苦労でした。
ドイツ語が読めませんもの。


プラハの街はツアーの人々で賑わっていました。
昔からの建物がヨーロッパの雰囲気に浸らせてくれ、
31度と言う気温にクラクラしながらも、何んとかツアーの皆んなに付いて行けました。

f0293042_03001216.jpg
沢山のボートが河の流れに。
f0293042_03011074.jpg
2両編成の路面電車。
f0293042_03020154.jpg
暑さでヘトヘト。。。

ホテルに着いたら、シャワーを浴びて、汗を流して、ビール!です!!
美味しいでしょうね。

[PR]
by mamako48722 | 2017-06-21 03:17 | 旅行篇 | Trackback | Comments(6)

チーズケーキをマフィンカップで。6/19/17

eBookで購入したレシピブックから、
チーズケーキをマフィンカップで作ってみた。        
 [たかこさんのマフィン型で焼くケーキとお菓子]より。

今更、チーズケーキ?と思いましたが、簡単で、美味しく、夫もハッピーのデザートになり、毎夕食後の楽しみになりました。

これだと切り分ける手間も要りません。

f0293042_10073142.jpg

市販のビスケットをマフィン型に敷くだけなので、超手抜きが出来、
後はボウル1つでぐるぐるかき混ぜ、型に流し入れるだけ。

前回は、ニューヨークチーズケーキ、
2度目の今回はベイクドチーズケーキです。

f0293042_10070568.jpg

こちらの方がサッパリしていて、私は好きですが 夫はもっとリッチな
ニューヨークチーズケーキが好きだとの事。

因みにニューヨークチーズケーキはマスカルポーネチーズが、
ベイクドチーズケーキにはサワークリームが入っています。
どちらもクリームチーズと生クリーム入り。

3度目は夫のリクエストで、再度、ニューヨークチーズケーキですね。


  *ご希望でしたら、後日レシピを載せますね。




[PR]
by mamako48722 | 2017-06-20 02:00 | Toronto編 | Trackback | Comments(4)

手編みのサマーニットで。6/18/17

手編みサマーニットと濃紺のパンツ、ブルーグレーのパンプスで。
アクセントにシルバーです。
f0293042_08273673.jpg

同じコーディネートで紺のブーツ。
冷房が効いていると足が冷えるので夏でもブーツを履くときが有ります。
f0293042_08271569.jpg




ネーテイブインデイアン作品のシルバーのイヤリングとペンダント。
イヤリングにはトルコブルーの小さい石が付いています。
f0293042_08375075.jpg


それとも長いペンダントで?

f0293042_08381336.jpg

今週末、又、気温が上昇しています。
建物内では冷房が効いているので、肩を冷やさない様に長袖だけど、風通しの良いサマーニットで出掛けました。

クラス最終日のコーディネートです。シルバーとブーツに決定。

帰路、車の温度計は34度を指していました。
これって壊れてるのかしら〜、と思わずにはいられない程の高気温です!


[PR]
by mamako48722 | 2017-06-19 02:00 | ファッション編 | Trackback | Comments(0)

クラスの最終日はポットラックで。6/17/17

今日(16日)、金曜日は水彩画とデッサンのクラスの最終日。
1品持ち寄りのポットラックランチです。

先生はデッサンを2クラス、水彩画を2クラス、
時々ワークショップも手掛ける人気のある方。

この日は、曜日が違う生徒さんも一同に集まり、作品を見せあい、
美味しい料理に和気あいあいと。

私はポットラックの定番料理、母の味の五目飯を持参しました。
これは具を前もって作って冷凍保存出来るのでとても便利なんです。
そして皆さんに喜んでもらえます。

すし飯に具を混ぜて、錦糸卵を乗せ、
f0293042_08055483.jpg
今日はしその葉を香り付けに散らしました。

時にはライスサラダ風に、小ねぎをたっぷりと乗せ、混ぜたりもします。


f0293042_08071685.jpg
夫の分を取り置いて、
f0293042_08080006.jpg
用意ができました。
f0293042_08083961.jpg

しその葉、去年のこぼれた種から、今年も無事に出て来ました。
f0293042_08063605.jpg
沢山は使わないけど、青じそは夏中、重宝しています。

[PR]
by mamako48722 | 2017-06-18 11:01 | Toronto編 | Trackback | Comments(8)