<   2016年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

誇り高く頑固な女性

メモリーロスが進行している93歳の義母、三ヶ月毎にDRへ通っている。
今回そのDRの予約で、夫と2泊の予定でトロントへ戻って来た。


この一年ほど、義母はDRに会っても、如何にきちんと日々の生活を送って居るかを、
自慢げに報告するだけで終わっていた。

しかし流石に今回は、自分の記憶力に戸惑いを感じ始めており、薬を処方してもらう事を承諾。

ショートメモリーに作用する薬だ。


例えば、
ある物を取りに地下室へ行く。
途中、電球が切れていたのに気が付き、「あっ取り替えなきゃ、、」と思う。
それで、何の用で地下室ヘ行ったのかを忘れてしまう。

そんなショートメモリーに作用する薬だという。

この半年余り、私達夫婦は義母と接する度に難しさを感じている。


少しでも手を出すと、幼稚園児扱いをすると言って怒る。

足元が危ないのでウオーカーを使う様に言っても、
自分にはまだ必要ないとはねつける。
f0293042_16084836.jpg


そして、背筋を伸ばして歩こうとするが、ヒョロヒョロとおぼつかない。
支えようと手を出すが、出した手ははねのけられる。

自分の老いを認めようとしないのだ。

ウオーカーを使う事を良しとしないのだ。

涙ぐましい程に自分を立て直そうと必死なのだ。

心配する私に、夫は、「転んで痛い思いをするのは本人だから、、彼女は頑固だから仕方が無い」と言う。


どうしてそこまで強く在ろうとするのだろう。

私には理解できない。

注:この薬はMemantine (日本名:メマリーという)
中等度及び高度アルツハイマー型認知症における症状の進行を抑制する薬です。

[PR]
by mamako48722 | 2016-02-29 16:15 | 人生 | Trackback | Comments(8)

ゴールデンレーズンとジン 2

ブロガー友さんから、ゴールデンレーズンの事を聞かれました。

参考までに、私の友人が使ったのをアップしますね。

ゴールデンレーズンだけのパッケージは探せなかったとの事で、
彼女はこのミックスレーズンを使ったそうです。


それでも十分に効能があったようです。

何処で買ったのかは聞き忘れましたが、多分コストコやアマゾンでも購入出来るのではないかと思います。
f0293042_08011256.jpg
その本のコーナーに載っていた、新聞の読者からの反響の事があったので、それを写真に撮っていました。
参考までにアップしますね。

f0293042_08013402.jpg
国中からメールや手紙で、かなりの反響が寄せられたようです。

関節炎の痛みに苦しんでいる人が大勢いらっしゃる、
それが少しでも和らげる手助けになればいいですね。


[PR]
by mamako48722 | 2016-02-24 08:22 | 人生 | Trackback | Comments(2)

関節炎の痛みに効く?

日本に住むアメリカ人の友人から教えて貰った秘伝(笑)の食物、
これが関節炎の痛みに効力を発するのです。

その友人は87歳、一年半程前からこれらの痛みに殆ど起き上がれない状態でした。

痛み止めを使ってもその時だけ、見動き出来ない、歩けない寝たきり状態で、
あまりの痛さに泣いていたとか。

そんな話を聞いていたので、昨年末、元気な彼女に会った時は、
驚くやら嬉しいやら。

いつもの様にスポーツカーを運転して駅迄迎えに来てくれた彼女は、
すっかり元気になっていて、本当にビックリぽん!(笑)でした。

で、何をどうして、どうやったのか、詳しく聞きました。


最近夫が、矢張り指の関節やらヒップのジョイントやらの痛みを訴えていたので、
興味津々。

材料はゴールデンレーズンとジンだけで作る、干しぶどうのジン漬け。

干しぶどうはゴールデンレーズンを使うとか。



f0293042_09050416.jpg


f0293042_09094721.jpg

ゴールデンレーズンにジンをヒタヒタに注ぎ、時々上下をかき混ぜ、
2週間程待ちます。

アルコール分がほぼ抜け
レーズンがしっかりとジンを吸い取ってふっくらしたら出来上がり。

1日に9粒、若しくは18粒ずつ食べます。
私達は干しぶどうが小さいので、18粒ずつ食べています。

2~3週間程したらアレッと関節の痛みが消えているのに気が付く筈。


ジンとレーズンの組合せが何らかの作用をしてくれているらしいのですが、
詳しくは分かりません。

彼女が参考にした本を見せてくれたのですが、何やら難しくて、、。(笑)
辞書と照らし合わせて読めば理解できたかも知れないけど、
束の間の時間では私の英語力では無理でした。

何はともあれ、試してみようと。
たとえ効かなくても身体に害を及ぼすわけではないから、と思い、
私達もひと月前からそれを作り、食べ始めたのです。

2~3週間程したら、夫のそれ等の痛みがいつの間にか無くなっていたんですよね。
私は膝の痛みを忘れていました。

確かに効き目有りですね~。


これは薬では無いので毎日摂取する必要が有ると彼女から念を押されました。

関節炎の痛みがある方、どうぞ試してみませんか?。
18粒で効かないようでしたら、27粒でどうぞ。

すっかり元どりの元気な彼女と30年ぶりに再会した娘。
f0293042_06274422.jpg
その頃の娘は今の孫と同じくらいの歳でした。

[PR]
by mamako48722 | 2016-02-22 21:41 | 人生 | Trackback | Comments(2)

一週間の温度差44度!

何という気温の差!
先週はマイナス41度を記録し震え上がったのに、一週間後の今日はプラス3度。


凍りついていた雪道はどんどん解けて 雪解けの水で悪コンデション。
そしてあちこち穴だらけ。

駐車していた場所は完全水浸し。
クロスカントリースキーを楽しみにこられたお客様には、ちょっと残念な天候。
f0293042_05123399.jpg

今夜は又冷え込むという。
解けた雪水が凍りついて道路はアイスリンク状になるやも知れない。

まだまだ ここは冬の真っ只中。


でも冬の寒さのニュースはもう聞きたくないですよね。(笑)



緯度がほぼ同じの北海道もそうなのかしら、とつい思いを馳せてしまう。

日本列島は北から南へと気候条件も様々だけど、
日本のニュースを見ると春の便りがあちこちから聞こえて来て、
「はあぁ。」と溜息が。


あと一月半は我慢我慢、、、。(笑)





[PR]
by mamako48722 | 2016-02-21 05:34 | Haliberton/B&B編 | Trackback | Comments(10)

氷点下41度の寒波で迎えたヴァレンタインデー

2日程前から気温が下がり始め、
この冬一番の寒さがこの週末、トロンと北部近辺を襲った。

今週はロングウイークエンド、そして、ヴァレンタインデー、
ハリバートンは冬のスポーツを楽しむ人達で賑わっている。

我が家のB&Bにも連泊で、
リピーターやデンマークからのお客様が滞在されているのだが、、。
昨夜から今朝にかけて大変な思いをした。


ハリバートンはトロントから北へ3時間程ドライブした所にある、
湖に囲まれた小さな町で、トロントより平均3~4度気温が低い。


積雪と一緒に金曜日から気温がみるみる下がり始め、
今日、日曜日の早朝は、氷点下41度と言う記録的な寒さになった!
f0293042_03012072.jpg

全てが凍りついている。

まつ毛もヘヤーも凍り、外に長くは居られない。


昨日午後、外にある暖房設備用のプロパンガスの接続部分が上手く働かず、
暖房が止まった。。

原因はガスを通す細い管の中の湿気が凍り付きその菅を塞いでしまうこと、
ドライヤーの熱風をあてて解かせば大丈夫だと言う事を修理に来た人に言われ、
なるほどと納得。

しかしその後氷点下30度を超え始めると、ほぼ2時間起きに止まるのだ。
その度に夫は外へ出てドライヤーで温めると言う作業を一晩中続けた。

どうも原因はそれだけでは無いようだ。
ここカナダでマイナス30度で働かなくなる暖房設備は通用しないはず、
原因が他にある筈なのだ。

夫はインターネットで原因探しを始めた。

今日はバレンタインデー、
お客様にささやかなプレゼントを用意♪
f0293042_03030829.jpg
Happy valentines day♪


[PR]
by mamako48722 | 2016-02-15 03:14 | Trackback | Comments(2)

夫のスパゲッティミートソース

2年に一度の割合で作る夫の自慢のスパゲッティミートソース。
昨日買っておいた食材で夫は朝から野菜を切り始めた。

赤や黄色のパプリカにピーマン、1束のセロリ、玉ねぎや人参、マッシュルーム、
トマトの野菜達、そして、約1.5kgの牛挽肉にたっぷりのガーリック、
大鍋一杯になりました。

人参等ゴロゴロと入っています。
f0293042_06234594.jpg
スパイスパックも忘れずに。
飲み残しのレッドワインもドボドボと入りました。
f0293042_06251620.jpg
煮ること7時間ほど、汁気も少なくり、煮詰まって来ました。
味を見ては何やら色々と、香辛料を入れています。

私には触らせません(笑)側に近付くと追い払われます。

かなりの数の味見の後、やっと出来上がりました。
私にはちょっと甘めなのですが、美味しい美味しいとべた褒めします。(笑)

小分けにして冷凍庫で保存、料理しない時のお助け食です。
f0293042_09473567.jpg

勿論、明日義母のところへも夫が持って行く予定です。

ついでにあれこれ義母の用事も済ませなくてはなりません。
トロントにいる間、出来るだけの事をしておかねば、、、。


[PR]
by mamako48722 | 2016-02-10 10:02 | Trackback | Comments(8)

義母の腰痛、ホントに痛いの?

2週間程前から腰痛を訴えていた義母、何時もの事、と軽く聞き流していたが、
夕方夫に電話がかかって来た。

痛みが酷くて動けないと言う。 
しかし、義母はインフルエンザの予防注射の時も、血液検査で血を取る時も 
床を踏み鳴らして痛いと悲鳴をあげる位なのだ。

一昨日会った時に鎮痛剤や栄養ドリンク等を渡し、痛み止めの取り忘れが無い様、
夫が確認の電話を朝夜にかけて居たのだが、どうも夕食の用意をして欲しいらしい。

義母は93歳、シニアホームに入っている。
幾つかの必要なサポートを受けながら、半自立の生活を送っているのだ。

食事もミールサービスを取り、階下の食堂で食べている。
しかし其処へも痛くて行けないと言うのだ。
頼めば部屋へも運んでくれるのに、と思ったのだがどうもはっきりしない。

夫も私も腰痛の辛さはよく知っている。

余程の痛みなんだろうと心配になった。
しかし、トロントに戻ったばかりで手元には食材も作り置きも無い。

夫にテイクアウトして貰い、義母と一緒に夕食をしてくる様に頼んだ。
もしかしたら寝たきりで歩く事も出来ないのだろう、と思ったからだ。

しかし、夫は2時間もしない内に帰って来た。
様子を聞くと、苦笑いしている。

???????

義母は苦もなく椅子からスックと立ち上がり、
部屋の中をスタスタと歩き回っていたそうだ。
f0293042_00024516.jpg


これってどういう事?
これから先の事がとても不安になって来た。

義母の「痛い、痛い!」という訴えの度に、本当に?と疑心暗鬼しながら
230km 離れているHaliburtonから、3時間かけて駆け付ける事になるのだろうか。

これではB&B等やっていられない。それどころではなくなる。

認知症と向き合う事の本当の意味、本当の大変さをちらりと垣間見た様だった。





[PR]
by mamako48722 | 2016-02-09 00:07 | Trackback | Comments(4)

風邪から鼻炎

もう2月、
1月前半はジェットラックで体調不良、後半は風邪から鼻炎と
寝込んでばかりだった。
10日間の抗生物質投与で気が付いたら2月、、、と言う有り様。
f0293042_00100310.jpg
日本へ里帰りするたびに行きも帰りも体調を崩し、
その度に老いて行く自分を感じてしまう。

歳を取ると言うのはこういう事なんだと、それ迄受け入れられなかった事柄も、
一つずつ自分に重ねて行く。

苦もなく出来ていた事が、無理すれば出来るに変わり、
今は無理しても出来ないに変わっていく。

こうやって人は少しずつ老いを受け入れ、
あちこちに現れてくる痛みと共存、受け入れて行くのだと思う。


昨日から3ヶ月健診の為 夫とトロントに戻った。
久し振りの外出、陽射しが春めいている。


義母の痴呆症が少しずつ進み始めている。

彼女の体質だとは分かっているが、
一日4食(おやつ含む)食べても食べても痩せていく。
一度に食べる量は私以上なのに、一体どこへ行ってしまうのか。

但し彼女は風邪を引くことが無く、病気になる事も無い。
私の方がしょっちゅう寝込んでいる位。

67歳の私より93歳の義母の方がはるかに健康で強い。




[PR]
by mamako48722 | 2016-02-06 00:21 | Trackback | Comments(4)