<   2015年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

黒の帽子のコーディネートを模索中

たっぷりしたトップがcomfortable。
お腹の周りを気にせずに居られます(笑)

せっかく気に入って購入した帽子達、なんとか被って活躍させたい。

黒の帽子に合わせたコーディネートを模索中。
f0293042_21143538.jpg

たっぷりの袖ぐりなので、コートは無理。
黒のラップで合わせてみた。裾の白いのは光の反射。
f0293042_21145840.jpg

黒のラップ結構重宝してます。
全部黒で周りにポンポンが付いてアクセントになっている。
ラップコート、矢張り光が反射してますね。
f0293042_21441113.jpg


揺れるイヤリングでチョット華やかさをだしたつもり。
f0293042_21515068.jpg

外の気温は8度、暖かいビッグセーターとこのラップコートで十分でした。

[PR]
by mamako48722 | 2015-11-29 21:58 | ファッション編 | Trackback | Comments(0)

黒、グレー、黒のコーディネートとグレーのハット

黒のトップ、インナーにはグレー、そして黒のパンツで。

この黒のトップ、前身頃の折り返し部分がレザーになっていて、
一寸したアクセントにもなっている。
f0293042_05531956.jpg
グレーの帽子も、インナーのグレーと合わせて。

f0293042_06022475.jpg

無彩色で少し寂しいので、ブルーのturquoise(ターコイズ)付きのロングペンダントをつけて。
f0293042_06432544.jpg
f0293042_06435399.jpg
今日は、義母と私のDR.アポイントメントを、あちこち走り回ってこなします。

[PR]
by mamako48722 | 2015-11-28 06:26 | ファッション編 | Trackback | Comments(2)

黒、グレーとグレーの帽子で。

黒とグレーのコーディネート、

インナーには黒白のストライプTシャツ、

カジュアルに裾折りした少し短めのジーンズを合わせて。

グレーのマフラーと足首を隠すブーツで。

(ファッション用語ではなんと言うのだろう?)
f0293042_11281856.jpg
グレーの帽子👒で出かけました。マフラーとマッチさせて。
f0293042_05390525.jpg
寒い日は頭から体温が奪われます。
しっかりと帽子も被って防寒。

勿論この上からコートも忘れずに羽織っていきます。

[PR]
by mamako48722 | 2015-11-27 05:49 | ファッション編 | Trackback | Comments(0)

縮緬じわ

明るい美容院でヘヤーカットしてもらった昨日の出来事。

ヘヤースタイリストの方と楽しくお喋りしていた。♪

大笑いしながら鏡に映った自分の顔を見てショック!

沢山の縮緬じわが顔一杯!


カナダの空気はかなり乾燥している。
夏が爽やかなのもそのお陰なのだけど、お肌には大敵。

娘がバハマから帰ってくると、顔も唇もカサカサになる、と言っていた。。。

長い間、忙しさにかまけて肌の手入れ等何にもしていなかった。
そのツケがこの縮緬じわ。。。
f0293042_08025246.jpg

毎朝鏡を見ているのだけど、すました顔だけ。。

鏡に向かって一人で大笑いする事等ない。
だから、気が付かなかった。

夫に話したら、
「笑わないようにしたら?」ですって。


もう手遅れだろうけど今日からパックしようかな、、、。

ガックリと来てしまった。




[PR]
by mamako48722 | 2015-11-26 08:03 | Trackback | Comments(0)

納豆の効能

昨日頂いたコメントで、納豆の事を改めて調べてみた。

元になる大豆は女性の更年期障害やら、女性ホルモンの減少にも一役かってるのは周知のように、私も大豆イソフラボン摂取で豆腐やらをセッセと摂って居た。

子供達がいる頃は納豆もよく食べさせて居たが、夫と二人になってからは、彼が臭いを嫌うのと、私がご飯を食べ過ぎてしまうのとで食卓に乗る事も無くなっていた。
f0293042_21404190.jpg


このところ、納豆は完全に意識外だった。
が、改めてGoogleで調べてみると、万能栄養素がたっぷり。

語り継がれる納豆の効能

:納豆食う人色白美人
:鰻の蒲焼き食ったら納豆忘れるな
:肩こりにも納豆
:ネギをタップリ入れた納豆汁は、風邪の引き始めに良い
etc...

大豆の栄養素を促進する納豆菌

:ナットウキナーゼによる脳梗塞・虚血性疾患・老人性痴呆症など、血栓疾患の予防
:ビタミンK2による骨粗鬆症の予防
:血圧降下効果
:納豆菌の整腸作用
:大豆の栄養を促進する納豆菌
:納豆の抗動脈硬化作用

まさしく今の現代病予防にもピッタリ。
漠然と身体に良い、とは知って居たが、ここまでとはね、、、。

因みに私は九州出身、子供の頃納豆と言えばせいぜい納豆汁位でしたね。。

皆さん、多いに納豆食べましょう♬♪

「もう知ってるよ、食べてるよ、」という方は、どうぞ スルーして下さいね。(笑)

詳しくはこちらから。

[PR]
by mamako48722 | 2015-11-25 21:43 | 人生 | Trackback | Comments(2)

夫が骨粗鬆症に。

私達はほぼ3ヶ月毎にファミリードクターに行く。

6ヶ月毎に血液検査をうけ、
結果次第でコレストロール値が高ければ食事の見直しやアドバイスを受け、
3ヶ月後に下がらなければ薬を処方され、
何かが見つかればスペシャリストで詳しい検査を受けたりもする。

f0293042_11350574.jpg

それに加えて、年に一度はDRの触診に依るアニュアルチェックアップだ。
乳がんの触診を受け、彼の手が何かを感じたら、即 レントゲン検査、
子宮頸癌の検査、3年に一度は骨密度、他にもハートやヒアリング、腸ガンの検査やらと結構忙しい。
これらはレントゲン検査を受けた後、其々のスペシャリストへ行く事になる。

夫が久し振りにこのアニュアルチェックアップを受け、幾つかの検査に行く事になった。
何年かサボっていた為、それこそあれもこれも、、となった。

そして今日、しょんぼりと帰ってきた。
骨粗鬆症の始まりと診断されたそうだ。

骨粗鬆症って女性だけの病気だと思っていた、とガックリしている。

welcome to my club ♣

いよいよ夫婦揃ってあちこちガタが来始めたのね、と、
慰めにもならない慰めの言葉で慰めた。(笑)

暫く食事と運動で様子を見て、その結果で骨密度を上げる薬をとる事になるらしい。
f0293042_11354309.gif
   日々の簡単な体操も、やらないよりは良いと思う。

f0293042_11361018.jpg






夫の骨粗鬆症は遺伝的要素がつよい。

それに、身体は年と共に確実に衰えていく。。。

受け入れていくしかないのだぁ、、。

[PR]
by mamako48722 | 2015-11-24 11:50 | 人生 | Trackback | Comments(4)

真っ白なXmasカクタス

新しい蕾は真っ白。
開いた花は真っ白に薄いピンク。
そして濃いピンクが惚れぼれする程色っぽい。
f0293042_05151088.jpg
f0293042_05153047.jpg
f0293042_05154612.jpg
時間が経つに連れ、段々とオレンジ色に変わってきます。


[PR]
by mamako48722 | 2015-11-23 09:26 | Haliberton/B&B編 | Trackback | Comments(6)

冬景色に様変わり。

朝起きたら銀世界、
f0293042_22052830.jpg
5cmから10cmの積雪、と予報通り。
冬景色に様変わりしたHaliburtonの我が家。

腰痛未だ後を引いている。







[PR]
by mamako48722 | 2015-11-22 22:12 | Trackback | Comments(4)

腰痛

この2~3日腰痛で動きが取れない。やるべき事だけをおっちらとやったら
後は寝て暮らす。。
薪ストーブの側でまったり。。
f0293042_09405402.jpg


明日から二組のお客様が見える。
寝てばかりは居られない。

仕方がないので筋肉をリラックスさせる薬を取り始めた。

こう言う手合いの薬はあまり取りたく無いのだが。。。


[PR]
by mamako48722 | 2015-11-20 09:42 | 人生 | Trackback | Comments(2)

今日から夫もシニアの仲間入り

最近の夫は時間があれば寝てばかり…。
男性にも更年期障害があるらしい。

気が短かくなり、頑固になり、そして、疲れ易い様で、ホントよく寝てしまう(笑)

f0293042_21552865.png

今日、目出度くシニアの仲間入り、65歳になる。

私が2〜3年前からこぼしていた、あちこちの身体や膝の痛み、
そして言った言わないのモノ忘れ、
そんな私を呆れたように観ていた夫が、
確実に、私の後から付いて来ている。

私と同じ様に身体の老化を訴え始めている。

因みに夫は2歳年下。

私は、「welcome to my club♬ やっとおわかりね!」 (笑)


私がドライブしていて、右へ曲がるべき四つ角を、夫は左へ、と言う、本人は右、と言ってるつもり、
「えーっ」とあせる私、

そんな事がしょっちゅう。。。

それもお互いに。(苦笑)


私達は、自分達の記憶力にすっかり自信を無くしてしまっている。

最近は、言った言わないの攻め合いは止めよう、と、
お互いにちょっぴりいたわり合うように努力中…。

そして意思疎通の難しさも増えている。
言語の違いが原因なのか、とお互いに思っていたけど、
どうも其れだけではなさそう。

ご夫婦が日本人同士でもそうなんだとか。。。

思わず「えーっそうなのー」と叫んだ位の衝撃だった。
(私達より少し若い日本人夫婦の話)

これって男と女の発想の違いから来るものらしい。
その場で同じ話しを聞いていても、お互い違う様に受け止め、違う判断をしてしまう。

でもでも、これって男と女の違いなんだから歳には関係ないのでは?

ところが若い時はお互い仕事や子育てで忙しく、一緒に過ごす時間も以外と少ない。
何と言っても柔軟性がある。

しかし、子供達が巣立ってしまい、夫婦二人の生活になってしまうと、子供という緩和剤が無い!
加齢に依る頑固さも出てくる。

典型的なシニア夫婦の生活の始まりとなる。
殆ど24時間一緒の生活。。。。

最近はイラ立つだけでも疲れてくるので、
もう笑ってスルー。
優しく優しく。。。。。
 
苛立ち→あきらめ→寛容→いたわりへ、でしょうか。笑

[PR]
by mamako48722 | 2015-11-19 21:46 | 人生 | Trackback | Comments(2)