カテゴリ:Toronto編( 28 )

チーズケーキをマフィンカップで。6/19/17

eBookで購入したレシピブックから、
チーズケーキをマフィンカップで作ってみた。        
 [たかこさんのマフィン型で焼くケーキとお菓子]より。

今更、チーズケーキ?と思いましたが、簡単で、美味しく、夫もハッピーのデザートになり、毎夕食後の楽しみになりました。

これだと切り分ける手間も要りません。

f0293042_10073142.jpg

市販のビスケットをマフィン型に敷くだけなので、超手抜きが出来、
後はボウル1つでぐるぐるかき混ぜ、型に流し入れるだけ。

前回は、ニューヨークチーズケーキ、
2度目の今回はベイクドチーズケーキです。

f0293042_10070568.jpg

こちらの方がサッパリしていて、私は好きですが 夫はもっとリッチな
ニューヨークチーズケーキが好きだとの事。

因みにニューヨークチーズケーキはマスカルポーネチーズが、
ベイクドチーズケーキにはサワークリームが入っています。
どちらもクリームチーズと生クリーム入り。

3度目は夫のリクエストで、再度、ニューヨークチーズケーキですね。


  *ご希望でしたら、後日レシピを載せますね。




[PR]
by mamako48722 | 2017-06-20 02:00 | Toronto編 | Trackback | Comments(4)

クラスの最終日はポットラックで。6/17/17

今日(16日)、金曜日は水彩画とデッサンのクラスの最終日。
1品持ち寄りのポットラックランチです。

先生はデッサンを2クラス、水彩画を2クラス、
時々ワークショップも手掛ける人気のある方。

この日は、曜日が違う生徒さんも一同に集まり、作品を見せあい、
美味しい料理に和気あいあいと。

私はポットラックの定番料理、母の味の五目飯を持参しました。
これは具を前もって作って冷凍保存出来るのでとても便利なんです。
そして皆さんに喜んでもらえます。

すし飯に具を混ぜて、錦糸卵を乗せ、
f0293042_08055483.jpg
今日はしその葉を香り付けに散らしました。

時にはライスサラダ風に、小ねぎをたっぷりと乗せ、混ぜたりもします。


f0293042_08071685.jpg
夫の分を取り置いて、
f0293042_08080006.jpg
用意ができました。
f0293042_08083961.jpg

しその葉、去年のこぼれた種から、今年も無事に出て来ました。
f0293042_08063605.jpg
沢山は使わないけど、青じそは夏中、重宝しています。

[PR]
by mamako48722 | 2017-06-18 11:01 | Toronto編 | Trackback | Comments(8)

干した生姜でお茶の時間  6/14/17

欠かさず作っているのが生姜を干したもの。

以前通っていた鍼の先生から、

「生の生姜を絞ったものより
一度ドライにした物の方が、より身体を暖めますよ」

と言われ、
それからずっと作っている。


f0293042_23013311.jpg
毎朝は勿論、お茶やコーヒーを飲む時は必ず2〜3枚のスライスを入れています。

日本茶でも, 紅茶でも、中国茶でも、
時にはコーヒーにも入れて
生姜のフレバーや刺激を愉しんでいます。
f0293042_23020451.jpg
一度作ったら、何ヶ月も持つので、旅行に行く時も持参。

作り方は超簡単!

皮ごと使うので、一度よく洗ってから、2ミリ位の厚さにスライス。
重ならない様にザルなどに広げ、陰干し。
私はいつも室内干し。
冬場でも出来ますから。。。


時々返しながら完全に乾かします。
カラカラになる迄しっかりと乾かすこと。
生乾きだと、カビが生えます。

大体2〜3週間で出来上がり。
密封容器や缶等に入れて保存。
Enjoy!!

そうそう、スライサーを使うと手早く出来ますね。

[PR]
by mamako48722 | 2017-06-15 06:16 | Toronto編 | Trackback | Comments(4)

インヴェストメントのセミナーへ



我が家のインヴェストメントを管理している方が主催するセミナーへ行ってきました。

最近の世界情勢、金利の動き、トランプ氏に依る影響等などを統計を基に説明。

簡単なランチ付きです。
ハムや卵のサンドイッチが多種類のパンで、ヴェジタリアン用のラップも有ります。

f0293042_11185606.jpg
珈琲やクッキーも有りました。

今回は小グループでのセミナー、約20人の参加です。 
アットホーム的に和気あいあいとした時間でした。殆どがシニア層。

f0293042_11193125.jpg
袖がひらひらのブラウス(笑)と黒のボトムで。今日は黒のパンプスです。
黒を基調にしたコーディネート。

ローズゴールドのプチネックレスとイヤリング、付けましたよ。

いまの私には、大ぶりのシルバーがマッチするかなぁ、、と思いつつ。。。

若い時のプチネックレスは素敵だけど、歳を重ねると、何やら貧相に見えるような気がします。
f0293042_11274550.jpg

今日は32度、そして超蒸し暑い日、日本みたいなムッシムッシの暑さ!

トロントでもこんな異常気温です。

地球温暖化対策、真剣に取り組んでもらいたいものです、、、とトランプ氏に言っても無駄でしょうが。。。

帽子は好きなんですが、被った後、髪がペタンコになるので、それが難点。
f0293042_11291343.jpg
約2時間弱点でしたが、途中少し眠気が(笑)。。。
なんせ 英語で(勿論 笑) そして早口で、、、理解出来たのは半分ほどでした。

とても付いて行いけません。苦笑

重要な点は夫がメモしていたので、大丈夫です。

老後の資産管理をきちんとしておかないと。。。。
まだまだ短いようで長くもある、先行きの事を考えなくては。


[PR]
by mamako48722 | 2017-06-14 04:30 | Toronto編 | Trackback | Comments(0)

眼鏡が壊れた!


ベッドで本を読みながらそのまま眠ってしまったみたい。。
朝起きたら。。。。

f0293042_12483396.jpg

修理に持って行った。

保証期間内と言う事で、無料で新品と交換してくれると言う。
勿論同じフレームで。

今年の11月で丸2年、保証期間内で良かったわ~。

f0293042_12491570.jpg
昼間はコンタクトレンズ、夜は眼鏡の生活。

どちらも欠かせません。


[PR]
by mamako48722 | 2017-06-10 04:37 | Toronto編 | Trackback | Comments(2)

義母の事

義母の事を一寸。。。

この9月で95歳になります。

気丈に生きてきた日系2世です。

夫と二人、週に2度、義母の所へ通う事に決めました。
かなりの速さで老人ぼけが進んでいます。


洗濯物を持ち帰り、半分程は処分します。食事の食べる量も減ってきました。
身体は以前の半分に減りました。

まるで枯れ木、、です。
腕は親指と人差し指で作った輪の大きさしかありません。驚きです。

サポートを増やして貰うようにしようと思います。

介護付有料老人ホームですが、
サポートは限られているので、家族が補う必要があります。

でも簡単には行きません。
自分ではまだまだ出来ると思っているので、拒否されるのです。

タイミングが難しい。。

身の周りの事が出来なくなって来ている事、
誰もがいずれそうなっていく事、
決して恥ずべき事では無いと言う事、、等を優しく言って聞かせ、
自覚させねばなりません。

夫は怒ってしまうので、最近は私の役目です。
そんな義母は、私に「Thank you, Thank you」と何度も何度も繰り返します。

帰り、夫と二人、無口になります。
哀しくなります。

母が逝った時と違う哀しさです。

こういうふうにして人生の幕を閉じて行くんだなあぁ、と身近で見守って行く者の哀しさです。



離れて暮らしている娘に、先々の為に知っておいて貰いたいと、
時折、義母の近況を話します。

娘曰く、
「ママは私の言う事を聞いてね」と言います。

えぇ、勿論ですとも。


[PR]
by mamako48722 | 2017-06-08 10:36 | Toronto編 | Trackback | Comments(6)

春の山菜

Fiddlehead (こごみ) がストアにでていました。
春を知らせる山菜です。

最近は、アジアン系の食料品店迄出かけなくても, 普通のストアで手に入る様になりました。随分便利になったものです。

トロントは多種文化が混ざり合った、我々日本人にも住みやすい街です。
殆どの日本食料が手に入り、日本レストランも至る所にあります。

色々な国の食べ物もリーズナブルで嬉しい限りですが、食べ過ぎ、カロリーが気になりますね。


f0293042_10023081.jpg
シンプルに花鰹をかけて、おひたしで頂きました。
柔らかくサッパリとして美味しかったです。


夕食のメインは白身魚の生姜醤油蒸し、牛肉と大根の甘辛煮、こごみのお浸しで、
シニア向け?日本食となりました。

夫は肉食系、こんな食事は物足りないのです。(笑)



[PR]
by mamako48722 | 2017-05-30 01:25 | Toronto編 | Trackback | Comments(4)

リューマチ性多発性筋痛症という病気

去年の9月からお休みして、およそ8ヶ月、やっと気持ちに踏ん切りが付き、ブログへの継続となりました。

実は、去年の9月半ばに、Polymylogia Rheumaticと言う病気を発症したんです。
日本語では、リューマチ性多発性筋痛症というそうです。

リューマチと言う名が付くけどリューマチではないとの事。
一体どうして、何故?
f0293042_00160331.jpg

この病気は原因不明の免疫機能の異常なんですってね。
[リウマチ性多発筋痛症は、リウマチという名前が使われていますが、関節リウマチとは違う病気です。一般に50歳以上、 とくに60歳以上の高齢者に起こる原因不明の病気で、体幹に近い部分の筋肉の痛みやこわばりが主な症状の慢性 ...]

60代により多く発症するとの事でした。ムムム。。

前日の夜から高熱が出て、翌日は全身の筋肉に激痛が起こり、
まるでガラスの破片が体中を回っているようで、一歩も歩く事が出来ないどころか、寝返りも寝起きも出来なくなりました。
夫に手を引いてもらい、歩行器を使って病院へ、精密検査や血液検査、その間には鍼や物理療法で痛みを和らげて貰い、、、と、
ほぼ1ヶ月かかってやっとこの病名を頂きました。

嬉しかったですね〜。(笑)
これで治療法がわかるんですものね。

薬はステロイド系のプレドニンと言う飲み薬、
一週間程で筋肉の芯のところからの痛みがすうっと引き始めました。
平均1年から2年間、徐々に減らしながら飲み続けねばなりません。

この薬は副作用が多いんですね。
骨粗鬆症、睡眠障害、糖尿病·肥満といった代謝性の異常(食べ過ぎてしまう事)、緑内障·白内障等 など、
そうなんです。食べても食べてもお腹が空いてしまうんです。(笑)
これではせっかく痩せたのに元の木阿弥です。が、
あの激痛を思えば、背に腹は変えられません 。

今は、せっせと服用しています。
お陰で無理をしなければ、日常生活は元気に過ごせるようになりました。

1月から、楽しみにしていたデッサンと水彩画のクラス、ヨガにも通い始めています。
人生が戻ってきました(笑)

イイネやコメントを頂き、ご訪問やお返事もできなかった事、
ここにお詫び申し上げます。有難うございました。

これからボチボチと更新して行きたいと思いますので、
どうぞよろしくお願い致します。


[PR]
by mamako48722 | 2017-05-22 00:20 | Toronto編 | Trackback | Comments(8)

日本での暮らし。

うーーーん、
矢張り暖冬とはいえ、トロントは寒い。風が身を切る。

日本でも寒い日があり、そういう日は風が冷たいな、と感じ始めていたけど、比べ物にならない。
やっぱりカナダは寒いわ。。(笑)

腰痛を抱えながらでも、楽しかった娘達との旅も無事終わり、彼等はトロントで2~3日過ごしてバハマへ帰っていった。

孫達との別れに私もウルウル、孫達もウルウル、
一緒に居るのが当たり前になっていたのよね~。

私は又、夫と二人だけの、のんびりシニアライフへ戻った。

今回、娘が言った事。
「ママ、日本で暮らせば?」

「エッ?」と私。

娘曰く、
「そうしたら、1年か2年に一度、一人ででも帰ってくるから。ママも日本語だけで暮らせるから楽でしょう?」

「食べ物も美味しいし、暮らし易いし、私、ずうっと日本で育ちたかったなあぁ。日本で暮らしたいなぁ。人も優しいよね。」

「12年しか居なかった私がそう思うのだから、ママはその3倍も居たんだからね。帰って来たいでしょう?」

「奈良は緑が多いから住むのにいいよね、でもやっぱり東京かなぁ、、東京の郊外辺りはどう? 5~6年住んで、又カナダに戻れば良いよね。」

「ママが日本に移り住んだら、トロントに帰って来ても実家がなくなるよ。其れでも良いの?」と私。

娘、
「良いよ、友達のところでもホテルでも泊まれるし、帰ると言っても、どうせ一週間位の事だから。」


私、「。。。。。」

娘の言葉はくすぶっていた私の心に火を付けた。
f0293042_01432032.jpg


最近、私の周りの友人達も郷愁の想いを語り、日本に帰ろうか、という人がちらりほらりと増え始めている。
子供が日本で結婚したから、とか、子供達が自立したから自分達は日本に帰るとか、色んな理由で実際に帰っていく人達が何人も居る。

逆に日本での定年退職をきっかけに外国に移り住む人達のことも聞くが。。。

その人なりのライフスタイルなんだろうけど、
私は日本語で考え、日本語で暮らせる事が、何よりも精神的に楽。

年を取ると母国語に戻っていく、と聞くけど、最近の私は其れを実感し始めている。

そして、程々にお節介し合う日本的なコミュニケーションスタイルは、歳のせいだろうか心地よくさえ感じている。
お互いに共有出来るフィーリングが温かさを感じるのだ。

勿論カナダや異国に住んでいて、そう出来る人も居るだろうが、私は言葉の壁がどうしても邪魔をする。


長女としてやらねばならなかった事、家族の為にやりたかった事を一つずつやり遂げた今、残された自分の人生を自分の為に使いたい、と思い始めた。

最後の最後に残された最後の一つ、義母を見送る事。
プライドの高い難しい人だけど、私自身が決して後悔の無いようにして見送りたい。

そして、その後、自分がどうしたいのか、考えてみようと思う。


今回一緒に過ごした日本旅行で、娘の心は一挙に日本が近くなったようだ。



[PR]
by mamako48722 | 2016-01-07 02:01 | Toronto編 | Trackback | Comments(4)

一人レストラン

トロントに戻って来たら、一人でも行く韓国レストラン。
昼間、友人と会った後、いつもの様に夕食をそこですませた。

一人の時は、何時も同じ物をオーダーする。
「何時もの?」
「ええ、Please」

5品の副菜が並ぶ。これらは何をオーダーしても付いて来る無料の品々。
お代わりもOK,


f0293042_11484691.jpg
そして、メインのポークボーンスープに御飯が付いて9ドル、
このスープが絶品!なんです。


f0293042_11491050.jpg
大きな豚骨が入ったコチュジャン味のスープ、
一度では食べ切れずに持ち帰り。

明日、うどんを入れてキムチ煮込みうどんにします。♪

[PR]
by mamako48722 | 2015-07-23 12:01 | Toronto編 | Trackback | Comments(0)