2017年 07月 04日 ( 1 )

トロントへ そして二週間ぶりに義母と  6/30/17

さあ 帰ります。

もしもの為にと、3時間以上前にエアーポートへ向かいます。

アムステルダム空港はセキュリティチェックがかなり厳しく、念入りなバッグの点検、
何度も何度もパスポートをチェックされる。

長い時間がかかってしまい 3時間前に着いていて良かったと思った。

飛行時間は約8時間、トロントとの時差は6時間ある。
午後12時アムステルダム発〘アムステルダムタイム〙 
そして午後2時トロント到着〘トロントタイム〙です。

家へ着いたら、荷物を置いて直ぐにDRへ。
出掛ける前に撮った義母のレンドゲン結果の報告です。

今回私達が出掛ける前に、腰の痛みがかなり酷いという義母を連れて、
出発前日にレントゲンとウルトラサウンドに連れて行ったのです。

旅行もキャンセルしようかと思った程だったが、
痛み止めを飲み始めたら、大丈夫という。

普通に動いている義母を見て、旅行へ出たのだった。


結果は、背骨に骨粗鬆症、関節炎リュウーマチ有りとの事。
それが痛みの原因らしい。
痛みが出た時に薬でコントロールするしかない。

しかし、関係のない場所に何か気になるモノがあるとの事。
もう少し詳しい検査をする事になった。

このところかなりボケが進んでいる。
義母はなんども何度も同じ質問、そして私も何度も同じ答えをする。

私達が来る事を知ると、シンクに溜めていた汚れた食器類を隠してしまう。(笑)
私がそれを見つけて洗う。

冷蔵庫の中を片付ける。
料理をしないのに買って来て傷んでしまった豆腐、古くなってカチカチになった頂き物のスウィーツ、
食べ切れ無かった食事を大事に持ち帰り、食べずにそのまま干からびてしまったもの、
等などを処分する。

干からびている鉢植えに水をやる。
隠してる洗濯物をあちこちから見つけ出す。

しかし、部屋の中は、片付け過ぎ無いように程々に、がポイント。
そうでないと段々と機嫌が悪くなってくるのだ。


オットはペーパー類の整理。
終わったメモ、終わった月のカレンダー、新聞等を処分する。

去年のカレンダーの切れ端がどこからか出て来て、義母は書き込まれた去年のメモを見ながら、日本語で、「何 これ?」と真剣に首をかしげている。何度も何度もメモを読みながら、
年月日を読みながら、日本語で「何 これ??」と。

私はいたたまれなくなり、夫に助けを求める。
彼に言い聞かせて貰う為です。

英語でシンプルに言うと理解できる?ようだけど、
これは理解できたふりをしてるのか、息子に言われると納得するのかわからないが、
一応日本語での「何 これ?」がおさまる。


いずれは私も、、、、と思います。
思うけど、あんなに気丈だった義母が、段々とわからなくなっていくのを見ていると、やるせない気分になるのです。

私達が帰るときには、
英語で、「有難う、有難う、あなた達がいてくれて助かるわ。」と、言いながら、
エレベーターのところ迄、子供のような笑顔で見送ってくれます。

私の耳にはいつまでたっても、義母の「何 これ?」が焼き付いている。。。






[PR]
by mamako48722 | 2017-07-04 12:40 | Toronto編 | Trackback | Comments(4)