母が眠るハリバートンの湖へ  8/09/17

8月9日


毎年母の命日には かって住んでいた家の近くの湖へ花を手向けていた。
2010年に亡くなり、もう丸7年が経つ。

母が大好きだったカナダの自然、お骨の一部を生前の母の希望で湖に散骨し、それからは墓参りのつもりで、命日にはカヌーで湖へ出かけて行く。

いつも湖に繰り出すのは、昼間の喧騒が終わった夕暮れ時、夫と共にカヌーを漕ぐ。


カヌーはもう手元には無い。
持っていたカヌーやフィッシングボートは、去年の春、AkaneB&Bを閉めた時、家と一緒に手放した。

代わりに折りたためるカーヤックを、1年に1度のこの日の為に
矢張り去年の夏に購入した。
f0293042_01591338.jpg



今年の花はピンクの薔薇。そしてまだ誰もいないであろう 朝方に漕ぎ出す。

これは、私からよ、これはゲー○ーから、これはの○子と申○、
そして、これはよ○子とか○○○から、と、
姉妹、孫達の名前を言いながら一つずつ花を湖へ落とす。
f0293042_02002529.jpg



暫し、花達と波に揺られて母に話しかける。
f0293042_02020726.jpg



花が左から寄って来ては右へと離れて行く。
f0293042_02315101.jpg
f0293042_02012714.jpg
f0293042_02024649.jpg


「ごめんね、、今年は少し遅くなったね。。。聞こえるかな。。。」
f0293042_02050544.jpg





これまで、2度ほど不思議な光景を目にした。

1度目は湖に映る雲がまるで天使?と思わず息を呑んだ時、
f0293042_882780.jpg



2度目は花がカヌーをぐるりと囲んだ時、

今はもうそんな事は無い。
きっと母の魂はずぅっと遠くへ行ってしまったのだろう。
f0293042_02061223.jpg

「又 逢えるよね、、私がそっちへ行く時は迎えに来てね、、」とつぶやく。
f0293042_02070484.jpg


母は色んな困難から私達4人姉妹を守り育ててくれた。父親からも。。。

女5人で人生の荒波を乗り越えて来た。
そして今の私達が有る。

母には感謝してもしきれない程。。そして恋しい。





[PR]
by mamako48722 | 2017-08-10 02:59 | | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://bbloghome.exblog.jp/tb/28038711
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kannochie at 2017-08-10 07:20
おはようございます。
素敵なお母様だったのですね…!

お母様は
懐の大きい豊かな自然と
一体となって
皆さんを見守っているのですね。
Commented by mamako48722 at 2017-08-10 10:15
> kannochieさん
ちえちゃん、こんばんは。

逞しい、チャレンジ旺盛な、そしてちょっと恐い母でした。(笑)
晩年は、随分と優しくなりましたが。。


そうですね、自然の懐に抱かれ、今は自然と一体になっているんでしょうね。
Commented by yokkofire at 2017-08-10 16:19
今年はピンクの薔薇だったんだね
皆の分も手向けてくれて有難う

Gちゃんにも有難うって伝えてね
Commented by pallet-sorairo at 2017-08-11 10:25
先日はコメントをありがとうございました。
心に沁みるお墓参りですね。
じいんとしてしまいました。
お母様の微笑むお顔が見えるような気がします。
Commented by mamako48722 at 2017-08-11 10:42
> yokkofireさん
Yokko,

今年だけではなく、毎年皆の名前を言いながら、花をあげています。

はい、G ちゃんに伝えます。🎵
Commented by mamako48722 at 2017-08-11 10:51
> pallet-sorairoさん
いいえ〜こちらこそ、コメント有難うございます。🎵

母と私は絆が強かった様に思えます。
なので つい気持ちが入ってしまいます (笑)。。。。

母もきっと笑って呉れてるかもしれませんね。

<< ハリバートンの友人宅で 8/1... ハリバートン行き  8/08/17 >>